s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ブログ運営16日目で初アクセス!

たった1回のアクセスでも嬉しい

何か明確な目的があって私のサイトを訪ねて来たわけではないようですが、紛れもなく私以外の方がこのサイトを訪問されました。検索エンジンはYahoo!でもGoogleでもなくBing。ブログのトップページが検索に引っかかったようです。検索ワードは私の意図したものではありませんが、それでも私以外の方のアクセスは嬉しいものですね。

無から有を作り出す

0から1というのは大きな進歩です。今まで無だった状態から有の状態に変わるというのは心にも大きな変化が現れるものです。とはいえ、現状ではためになる記事もないのでこのまま0の日々に戻りそうですが、少しホッとしました。このままずっと0のまま変わらないのではないのかと不安ではあったので活力を得られました。

はてなブログは意味あったのか?

はてなブログを利用したのは「ブログサービス」なのだからレンタルサーバーを借りてWordPressなどでブログを構築するよりコミュニティが築きやすいと感じていました。しかし最初のアクセスが検索エンジンであるならば意味がなかったと言えます。ブログはとても軽くて良いのですが、このまま拘ってはてなブログで書き続ける必要はなくなるかも知れません。二年コースで料金を支払い済みなのでこれから二年ははてなブログを利用しますが、特段メリットが見えない状態です。

ブログサービスのメリット・・・?

当初は自宅サーバーを持っていることもあり、そちらで運営を考えました。WordPressを高速で動かすKUSANAGIを導入しているのでとても早いです。レンタルサーバーはKUSANAGIが動かせません。外部でサーバーを借りるとなると高額にはなりますがVPSになるでしょう。それを考えると自宅サーバーでも割安になってくる可能性があります。電気代がよく比較対象にあげられますが、最近は省エネサーバーも当たり前のように普及しました。自宅サーバーがあるのならVPSを利用するメリットがないのです。とはいえ、24時間の安定稼働を目指す場合には個人規模ではネックとなるでしょう。
そこでブログサービスなら全ての条件を満たしていることに気づき様々なサービスを調べたというのがはてなブログに行き着いたキッカケです。早くて軽い上に、独自のコミュニティを築いているのでアクセスも得られるのではないかと。

アクセスが変わらないのであればブログサービスを利用するメリットはない

私個人の結論から言えば現時点では全くの「無駄」だったと言えるでしょう。これはある程度、サイト運営に関して知識がある方に限ります。初心者の方で右も左もわからない状態であればブログサービスはもってこいです。全ての環境を用意してくれていますので、ブログを書くという点で何も困ることはありません。余計なことはせずに集中することができます。私もブログを書くという点を重視したかったのでサービスに依存することを決めました。しかしはてなブログの機能でメリットを感じている点がないというのはメリットを感じる点が少なかったのが原因でしょう。全ての人に該当する訳ではありません。全ては「アクセス数」だけに焦点を当てた個人の見解です。

ブログサービスは余計なことをしなくていいので執筆に集中できる?

ブログサービスを利用すれば集中できるものだと思っていました。この点に関してももう一つメリットを感じていました。WordPressがアップデートしてから記事の執筆方法が変わったのです。当時は改行型が正義だと思っていたので、それにうんざりして従来のやり方がいいなと感じていたのです。従来のWordPressにあったビジュアルエディタはWYSIWYGと言います。はてなブログで言えば「見たまま」モードの作成、編集画面がそれに該当します。
しかし以下の記事でも書いた通り、Markdownで記述することにしました。この記事もMarkdownで書いています。 ということはWordPressでも良かったのです。そしてこのブログは既に改行型からブロック型に鞍替えして文章を構成しています。ということは現在のWordPressのエディタでも不満がなくなったわけです。これは実際にブログを運営をして見えてきた点なので、何事もやってみなければわかりませんね。さらに今ではWordPressにもプラグインで従来のWYSIWYGエディタで執筆できるものが出回っていますので、本当に意味がなかったと言えるでしょう。

とりあえず二年はやってみる

はてなブログを二年間使うということは支払いで確約してしまったので仕方ありません。これで検索エンジンからの流入が増え続ければはてなブログとはいずれ別れる時が来るでしょう。せめて最初だけでもはてなブログ側からのアクセスが欲しかった。運営をして改行型からブロック型での文章構成やWordPressのビジュアルエディタやはてなブログの「見たまま」のようなWYSIWYG方式のエディタを辞めてMarkdownの記述方法に変更しました。これからも最適化されてどんどん変わっていくでしょう。たった半月ではてなブログが用意してくれたシステムは何一つ使っていない状態となりました。ブログの作成に一番影響する作成画面が不要になった今、WordPressでも良かったですし、それ以外でも可能になりました。最初のアクセスをはてなブログ側ではなく外部の検索エンジンから通常通り得られ、これからも増えるようであればブログサービスに依存するのは逆に危険となってくるでしょう。企業が運営するサービスですので、削除の可能性がどうしてもあります。これは大きなデメリットです。今後二年やってみて様々な経験を通して再び考える時期が来ると感じています。

目次の機能はとても有り難いですね。この機能は個人的に運営するサイトで実装してみたいと思いました。サービスを利用するのはとても勉強になります。