s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

はてなブログのテーマを作成してみようかな

はてなブログのテーマ作成がしたい!

というだけでまだ作成しているわけでは無く、少しだけ調べてみた程度です。どうやらCSSの書き換えで対応しているようですね。HTMLから弄るのではなく用意されているHTMLの土台にCSSで色付けしていくようです。色付けも枠組みが決まっているようで、必ず塗らなければならない場所は決まっています。自由度は決して高くありません。初心者向けにちょうど良いのでは?と感じました。

はてなブログはカスタマイズ性が低い

はてなブログはカスタマイズの幅が狭いことで有名ですね。しかしこれはむしろカスタマイズが出来るという点を素直に褒めるべきところなのです。個人でブログシステムが用意できないのであれば提供するサービスに従わなければなりません。私は公式が用意してくれているテーマで十分だと感じています。それでも自由に弄りたいと感じてしまうのはWordPressなどのせいでしょう。切ったり貼ったりするだけでカスタマイズできます。同じような感覚とイメージではてなブログに求めるのは間違いです。WordPressでは一歩間違えれると自分のブログが表示されなくなります。その点、はてなブログのテーマではCSSのみ弄るのでそのような心配はないでしょう。他のブログサービスではこのCSSですら弄ることが出来ないのではてなブログは良いサービスと言えるでしょう。

はてなブログのテーマ作成は初心者にとって最適な勉強ツール

CSSからHTMLの構造を勉強したり使用するタグの意味を調べるだけでもブログを運営する上で必要な知識は十二分に得られるでしょう。WordPressのカスタマイズを本格的に行えばこの限りではありません。私もHTMLで一からサイトを作ったり、ブログシステムを構築したりしましたが、結局は「気持ち良く記事が書きたい」の一心でした。

全ては気持ち良く記事を作るため

私もはてなブログのテーマ作成にチャレンジしてみようと思います。デフォルトのテーマで記事を書いているとhタグの代わり映えの無さにうんざりしてしまいます。私は今のままで十分だと感じていますが、読者目線での見易さという点では不十分だと思っています。つまり自分で書いて見返すと読みづらいなと感じます。せめて6種類のhタグは見易さを重視して自分が思うままに設定するべきでしょう。

生み出した文字を大切に

せっかくの見出しなのに文字を太くして大小を少し変えた程度では気分も上がりません。ブログ全体に関しては全くの不満もありませんが、文字に関わる部分は全て自分が思うように変えたいです。ブログを書く以上、最も重要な点です。文字を生み出すのは自分ですから、他人が用意したもので満足出来ないのは必然でした。もっと魅力的にお化粧してあげたいのです。そうすれば使用するタグも増えるでしょう。

テーマを意識したならタグも拘ろう

現在はh2タグとh3タグしか使っていません。以降は小さくなるだけでh6タグに至っては本文よりも小さくなります。果たしてどの場面に使うのでしょう。見出しのはずなのに装飾に使っていたり、補足説明で入れる方もいらっしゃいました。それはhタグの本分を忘れているように思います。はてなブログはh3,h4,h5タグしか重要視していないようですが、一番重要なのはh1についでh2タグです。h2タグがあるからこそh3以降のタグも活きてくるのです。「見たまま」モードでしか編集していないと気付きにくいのですが、用意されているタグはSEOに貢献しないものばかりです。初心者の方が乱用しても大丈夫なように対策されているのでしょう。はてなブログにたいして疑問が浮かんだ方、間違っていませんよ。テーマを自作して一歩抜け出しましょう。そしてテーマを最大限活かすためにも記事の書き方をまずは変えてください。以下の記事を見て感じるところがあればMarkdownでの記述をお勧めします。 www.s13y.com

Markdownでテーマを最大限に引き出す

Markdownを使いこなすようになれば扱うタグは必然的に増えます。文字を書くようにタグを挿入できるからです。その使い出したタグに不満を感じてくるのであればいよいよテーマを弄るときでしょう。私のブログではてなブログに必要なタグの設定に関してまとめようと思います。参考にしてみてください。