s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

はてなブログでオリジナルテーマを作るメリットとデメリット

わざわざオリジナルテーマを作る必要はない

結論から言うなら間違いなく「作る必要はない」と言えます。それでも作りたいんですよね?私もです。毎日投稿を目標に空いた時間を利用して記事の執筆をしていますが、そこにオリジナルテーマの作成を組みこもうとすると中々進まないものですね。それでも少しずつ形にして見えてきたものがあるので纏めます。

テーマストアにあるテーマで十分

自分で作成して思うことですが、良いものに仕上げよう仕上げまいに関わらず「それなり」のものを目指すと似たり寄ったりのデザインになります。ちょっと奇抜にすると読者の方に迷惑がかかるのでやめてください。ということはわざわざ作り出さなくてもテーマストアの「人気ランキング」にあるテーマから少し改変した程度のもので十分であったりもします。

レイアウトからフルに帰るとなれば本腰を上げなければならないのですが、気に入らない点だけを改善するなら切った貼ったで十分に対応が可能と言えるでしょう。はてなブログ自体がカスタムし辛いものなので、人気ランキングにあるものはその中で一線を越えたものばかりです。はてなブロガーに認められたテーマだけがそこに君臨することを許されているのだと改めて実感しました。

オリジナルテーマの更新が大変

はてなブログ自体、過去に何度か修正が加えられているようです。そのような修正があった場合には即座に対応しなければならないでしょう。古いままですと表示に支障が出るどころか、検索エンジンにさえ嫌われてしまう可能性も出てきます。何らかの形で新しいと言われていたコードが古くなるのは過去に経験があります。スマートフォンが出てきてからはそういったコードが多く排出されました。

スマートフォンの普及

スマートフォンもかなり普及が進んだと思います。最近では端末の進化が目覚ましいですね。特にオリジナルテーマを作成しようとなると「スマフォの解像度向上」には目を向けねばなりません。ご存知とは思いますがブログはパソコンの表示とスマフォの表示では異なります。過去機種ではスマフォ表示になっていたけれど、最新機種ではパソコンと同じ表示で見辛いといったことにもなりかねません。そういった場合にも対処が必要になってくるでしょう。

それでもオリジナルテーマを作りたい!

その熱い気持ちがあれば十分です。自分だけのオリジナルテーマを作るべきでしょう。私がそれでも自分で作りたいと思ったこと、作らなければならないと思ったことを書いていきます。元々HTMLとCSSだけの簡単なサイト運営を経験していますので、それらを踏まえて一歩進んだ観点から見て頂きます。意外とメリットがあるのかもしれないと思って頂けると幸いです。

古いソースコードのまま更新がない

作成にあたり、諸先輩がたのソースを拝見しました。特に人気ランキング上位にあるテーマのソースは勉強になります。わかったことといえば「デザイン」が優れているだけでソースコードに関しては微妙だったということです。はてなブログ公式が提供しているオリジナルテーマを作成するときに便利な土台となるCSSファイルがあります。私の一番好きなテーマのソースと比べてみると「はてなブログ公式テーマのバージョンが古い時に作ったコード」などがそのままになっていました。これはショックです。とはいえ、表示も問題なく無料で使えるのですから文句は言えませんね。しかし私は出来る限り短くまとめることが美徳だと思っているので、あまりにもごちゃごちゃしているソースコードを見てがっかりしました。更新頻度も低く、今後の対応も見込めそうにありません。

流用の流用が横行している

これは仕方ありません。どの世界でも当たり前のようにあることです。はてなブログのテーマに関しても同じことが言えます。切った張ったで作るとどうしてもそうなってしまいます。例えば気に入ったテーマのソースコードをそのまま流用して少し改善したものをアップロードしてオリジナルとする例があれば、そのオリジナルに対して良いことどりをした新たなテーマを誰かが作り上げたとするでしょう。そして気に入った誰かが・・・という感じで無限ループの上に成り立ったのだろうなというテーマがありました。

少しテーマの改変方法を覚えたなら自分用だろうが多人数向けだろうが誰でも投稿出来ますので「このデザインみたことある」というテーマの裏を除くと酷いことになっていたりします。個人で使う分には問題ありませんが、わからず使う方がいれば可哀想だと感じますし、表示速度に影響するのではないだろうかと思ってしまいました。不要になったコードを消すべきです。確かに見た目上の動作はしますが、今後のブラウザのアップデートでどういう処理が行われるかわかりません。最近ではブラウザごとの表示違いも減ったので必要ないのかも知れませんが利用して気持ちの良いものではないのです。

重くなるようなコードは勿体無い

デザインの関係でどうしても画像が必要なことや、処理が欲しいときはあります。しかしサイトの表示速度はユーザーの直帰率に影響します。はてなブログに関しては口酸っぱく改善しろと多方面の評価サイトから言われているのです。たまにWordPressでも激重のサイトがありますね。あれは恐らくスクリプトのエラーで同じレベルの重さになることはありません。WordPressはサイト管理者に知識がなくともプラグインを導入するだけで様々なものを実装することができます。はてなブログでは出来ることが限られており、やるとしてもCSSベースとなるので急激に重くなるという心配はありません。

ただ画像の読み込みが以上に多いテーマがありました。そこも画像で対応しなければならないのだろうか?というものは大抵の場合にデザインを工夫するだけで何とかなります。例えば見出しを装飾する場合ですね。確かに画像を貼り付ければ簡単に装飾できます。しかし工夫するためのコードを知らないか、実装するときに他サイトからのコピー&ペーストで済ませてしまった場合は仕方ないことです。現在は色々なデザインがCSSで表現出来るのですから、更新すればより良いものになるのではないかと思いました。

はてなブログから始めるオリジナルテーマの作成は大賛成

「1から10まで把握していなければ気持ち悪い!」という方はオリジナルテーマを作るべきでしょう。最新の状態に保ち、最も軽い動作で自分のブログをカスタマイズ出来ることは間違いありません。様々なデメリットを差し置いてもメリットが上回ります。はてなブログを土台にCSSの勉強を始められればWordPressに移行したとしても苦労することはありません。不満が募り募ってオリジナルテーマを作ったけれどやっぱり満足出来ずにWordPressへ旅立つ方もたくさん知っています。ましてやテーマを自分で弄ることができないのであれば鞍替えする他ありません。正直、テーマを弄り出すとはてなブログというシステムには満足出来なくなります。私はそこまでゴリゴリ弄るつもりはありませんので、はてなブログで十分だと感じています。WordPressに移行するとしても同じような形でサイトを作りたいと思っているくらいには気に入っています。

一度だけでもテーマの作成に取り組んでは如何でしょうか。まずは「文字の色を変える」など改変からでも良いと思います。改変が積み重なればフルカスタマイズ状態です。応用が難しいと感じた段階で勉強してみてください。そこであなただけのオリジナルテーマが完成するでしょう。全容を把握することは難しいものではありません。やるかやらないか、決めるのはあなたです。