s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

はてなブログを始めて初の読者登録をして頂けました!

嬉しくて何度も確認しました。

読者になる
読者になるが「1」に!
人に見られていると思ったら背筋が伸びる感覚ですね。

やる気のないブログは書けないよ

投稿したら読者様に見られる可能性があるわけです。これは大きな心境の変化をもたらします。読者様が実際に見ていないとしても、です。

全く見ず知らずの名前もわからない所在も不明なアクセス数「1」を「個」として認識することはありませんでしたが、これからはアクセスがある度に意識するでしょう。もしかしたら・・・?という可能性があると恥ずかしい文章は書けません。精進したいと思います。

過去記事を書き直したい症候群

急に恥ずかしくなってきたので過去記事を編集したいです。むしろ消したい衝動に駆られています。読者様だけではなく「誰か」に見られることを意識していなかったわけではありませんが、いざ「読まれる可能性」が現実的になると改めて考えてしまいますね。読者が居るのと居ないのとでは大きな違いです。

ブログを見る人が「匿名希望の名無し様」ではない

個人でレンタルサーバーを借りてWordPressを作ってブログを運営していてもこの感覚にはならないのではないでしょうか。

運営する過程でコメントを頂けたとしてもどこかで「見ず知らずの誰か」という認識です。同じ「はてなブログ」というサービスを利用している「ユーザー」であるというのは信頼あるサービスを通してそこに存在する確かな「個人」として認識されます。

「道端ですれ違う誰か」ではなく「同じ学校や職場、もしくは団体に属する誰か」に認知された気分です。とても緊張してしまいますね。

読者様!ありがとうございます!

感謝しかありません!例えあなたが何の気無しにという理由であったとしても私にとっては「初めて」でした!初めてをありがとうございます!ありがとうございます!