s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

個性を活かすならブログでの口調は統一しないことをおすすめ

私は口調を人に合わせて使うタイプですので記事によって使い分けたいと思ったりもしていました。

です・ます調は飽きる!

そもそもなんで「です・ます調」で書こうとしたのかと言えば「だ・である調」で書いていたら崩した文体で書きたくなった為です。で、今はどうなのさ?と問われれば「飽きた」の一言です。

雑記ブログは個性が命

「です・ます調」で丁寧に書く必要はないし「だ・である調」で断定的に書く必要もありません。個性を大切にしたいのであれば、口調を統一するということはまずその個性を潰すこととなります。

話し口調はうざい?

そうでしょうか?使い方次第では「問題ない」と思っています。それこそ「です・ます調」で延々と書かれたり「だ・である調」とお堅く纏まられても読む気が失せます。「楽しさ」を演出するのは親しみを込めた「話し口調」でしょう。

無難に拘るなら「です・ます調」

どの年齢層の方が読まれても受け入れてもらえ易いので「です・ます調」は必要です。とはいえ、個性を出すことは難しいと思います。いずれの書き方にも形式があり、それに則って書く以上は「自分」にはなりません。

書いてて楽しくないのは口調

私は徐々に「書いてて楽しくない」の原因は「口調」によるものだと結論付けました。最初は無難に書き進められて満足感を得られていましたが、次第に「本心で書けている?」と自分に疑問を持ち始めました。どこか「誰かの真似」をしているようで違和感があったのです。

いつの日かこんな記事を書きましたが、私が文章に「初めて現れた」と言えます。

www.s13y.com

心底がっかりして感情を露わに記事を書いていたので「どうにでもなれ」の精神でした。

自分が楽しくない文書は誰が見ても楽しくない

このブログで何度か書いた言葉ですが、定期的に書かないとやっぱり忘れます。「勢い」だとか「間」だとか「口調」だって三つや四つ使い分けていいと思うのです。わざわざつまらない方向へと自分で誘導してしまっては本末転倒。そのブログが死にゆくだけでしょう。自分が書いて楽しいから続けられるのであって、楽しくなくなれば口調がどうこう以前に終わってしまいます。

「 好きなようにやれ、そして俺に指図をするな」

「Don't think feel」です。考えるな、感じろです。

私は好きにやるからな!だからお前も好きにやれよ!な!急に「煽り口調」になったっていんだぞ!文章崩してもいんだぞ!慣れてくれば面識のなかった赤の他人にさえ「あったんすよねー」って喋るくせに「あったのです」とか変えてんじゃねぇよ!つまんねーよ!偽んなよ!このブログ読んでるのは営業先のお偉いさんか?!

文章にグルーヴを持たせる

一度ぶっ壊れてみれば良いと思います。自分だけの「ノリ」というか「リズム」があると思うのです。「グルーヴ感」って基礎基本をしっかり押さえて固めたあとでわざと崩さないと生まれないじゃないですか?それは文章にも存在すると思うんです。

紛れもない個性はここにあると私は思っています。

リズムに乗れば文字数が多くなる

筆が乗るわけではありませんが、自分が「ノル」のでいつもなら「まだ500文字にも満たないの?」と思ってても気づいたら1000文字超えていることもザラです。必要なことを必要な分だけ端的に伝えるのは大切ですが、それだけでは余白が多すぎます。取ってつけたようなわざとらしい文面に人は惹きつけられません。

口調は相手のバリアを解く

読み手をお客様と捉えるなら間違いなくバリアを張っている状態です。誠心誠意、心を込めて伝えても物品は売れません。一流の営業マンはそのバリアを壊す技をたくさん持っています。「掴み」がうまいのです。突然目の前に現れた何者かもわからない人の「まずは話だけでも」というのは最初のバリアを壊していなければ実現しません。

私の場合はキャッチフレーズがそうですが「です・ます調」や「だ・である調」でクリックしようと思うものはあまりありません。興味関心以外にも親しさを感じた場合は思わずクリックしてしまいます。

終わりに

「方言」を交えて最初から最後まで書く人が居ますが、ぶっちゃけ読みにくいです。アクセントで散りばめるのなら弛緩剤くらいにはなるでしょうけれど、最初から最後までいかれると読むことと理解することにリソースをつぎ込むので「なんとなくわかる」意味合いの言葉でなければ使いどころが難しいと思います。

自分のブログなんだから偽らずに楽しく書こう!