s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ファッションはノームコアに少しのオシャレがオススメな理由

かくいう私も昔はゴテゴテに着飾っていましたが、そういうものはいつしか流行らなくなりましたね。ファッションはケースバイケース。時と場合によって服装を変え、あるいは人によっても変えたりしていましたが、歳を重ねる毎に面倒臭くなるんですよねー。加齢に応じて服装も変えざるを得ないというのも苦行です。周囲の年齢が上がるにつれファッションという言葉自体が遠くなるのでオシャレの基準が曖昧になって「もういいかな」という人が増えます。それでもなんとか一定の尊厳は保ちたいものです。

ノームコアとは

私にはぴったりな言葉です。世の中にはなんでも便利なラベルというものがあるのですね。こういう単語にしがみつくことで自己防衛にもなりますし、理由付けと言いますか、何かバックボーンがあれば自信が持てますよね。「今日はなんか普通だね」と言われても「これはノームコアだ!」と。

ノームコアを身に纏った人々は彼らの服装によって他者から区別されたくないと考えている。これは彼らが時代遅れな物を選んでいると言うわけではなく、意識的に実用的で平凡な服装を選択し、そのため威信を示すラベルを付与する。ノームコアは流行の変化の激しいファッションの過飽和による結果として解釈される。

参考:ノームコア (ファッション) - Wikipedia

「普通が一番」を勘違いして「普段着」で着飾ってはいけませんよ。それは派生した何かになるでしょう。ファッションというのは発想や閃き、一時の流行り廃りの他にも勘違いから生まれたりします。それぞれ基準はあれどファッションにおけるノームコアは「万人から見た普通」です。

服装を気にしない人たち

どこでも派手な服装で来る人が居ますが、正直困ります。こちらも気を使わなければなりませんし「定食屋で軽く」と食事すらままなりません。逆に夜の繁華街へ行くというのに気だるげな服装でダボダボしていては変な人に絡まれるのではないかとヒヤヒヤします。

なぜこの人たちは行く先々によって服装を変えられないものかと私は思ったものですが、もしかしたら私が服装を過剰に意識しすぎて一人で疲弊しただけかも知れません。この人たちは「気にしない」人で私は「気にする」というだけです。

服装が派手な人との付き合いはお金がかかる

派手な格好、もしくは本人基準でのオシャレ一辺倒な服装だと行く場所が限られてきます。まず庶民的な場所には行けません。めちゃくちゃ目立ちます。本人たちも嫌います。ついでに言えば私も合わせなければ凸凹コンビになります。身につけている物がキラキラしていたりジャラジャラしていたりハイカラであれ上品であれ奇抜であれ、ある程度のお金が掛かっています。見てわかります。女性なら身につけているアクセサリーや香水だとか化粧にも気合いが入りますので余計に嵩みがちなのは火を見るよりも明らかです。

服装にお金を掛ける気持ちはわからなくありません。しかしこちらも相応の服装で挑まなければならないのであれば、それなりにお金を掛ける必要があります。中途半端に揃えると返って目立ちますし、私の中の服装基準がNOと言います。ということは付き合い自体がお金の浪費になり兼ねないのです。身につけているものも高級志向でブランド物が多く、行く場所も出発前から想像がつく高そうなお店の数々。だんだんとうんざりしてくるのが加齢による者です。若い時はよかったのですが、歳を重ねるとただただ億劫です。

それはそれで困る地味な人

普段から付き合うなら間違いなく服装も気を使わず身なりも派手ではない地味な人が好みです。男性なら気兼ねもありませんし、女性なら最低限の化粧でよそ行きの顔も必要ありません。ついでにいえばさっと出かけるのにガチガチな化粧を始めて無駄に時間がかかるということもありません。

とはいえ、いつでもどこでも地味だと困るわけです。カジュアルテイストであれば良いですが見るからに普段着で来られると近所を散歩して地元の商店街に行くならまだしも隣町への若者が集うような場所には繰り出せません。せいぜい家族連れが挙って訪れるようなスポットがお似合いでしょう。この場合に私が恥ずかしくて「勘弁してよ」となります。私も大概に面倒くさいですね。

結局何が言いたいかと言えば「普通にしてくれ」

昔はカジュアル万歳!と思っていました。なんてフォーマルな格好だろうと自分の中で結論が出ていました。しかしノームコアという言葉が流行ってからは「ノームコア+少しの工夫で生まれるオシャレ」が一番と結論が変わっています。普通の基準なんて人それぞれですが、その普通だと思われる格好は本人の中で致命的な社会的認知のズレがなければそうそうおかしくなることはありません。

カジュアルな服装も良いのですが、人によってはどうにも着飾った感じが出るでしょう。それがカジュアルが持つ平均的な基準となってしまったのですから仕方がありません。

ファッションセンスはTPOの見極めから生まれる

あからさまに魅せつけるオシャレよりもパッと見てわからないオシャレが好きです。秘匿する美学と言いましょうか。わかる人が見ればわかる程度で良いと思います。わからない人から見れば普通で居て欲しいのです。私の場合は見えないオシャレを目の当たりにした時、その人を見る目線が少し変わります。急にオーラを発するような感じがして一目置きます。

見る人によってはノームコアというジャンル自体が地味に捉えられ兼ねません。ダサいと感じる人も居るかも知れません。それはその人のセンスによるところが大きく左右されます。だから面白いとも思えますし、突き詰めて考えれば究極のファッションであると私は豪語したいのです。