s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

他人行儀が抜けないブログには個性がないし、熱意も感じない!

量産型ブログに成り下がるな!

そのブログには熱意があるかどうか

このブログに熱意があるかって?

ないね!

まったくもって!

どう見ても量産型ブログだね。過去記事、全部を書き換えたいね。

ずっと敬語は堅苦しい

おっとまるで自分のことのようだ。敬語って大切ですよ?でもそれ以上に大切なものがあるでしょ?

個性だよ!熱意だよ!

敬語で熱意が伝わると思ったらお前、大間違いだからな!誰に言ってるかってこれはお前に言ってんだぞ!saita!お前だお前!なんかわかんねーけど熱意伝わってる気がすっだろ!言葉をもっと崩せよ!あまり崩しすぎると読みにくくなるだけだかんな!ギリギリ読める境目を見つけるのが難しんだこれ!でも崩したら熱く感じるだろ!気のせいじゃねえぞ!たぶん!

今回初めて文字の大きさ変えたり色変えたりして慣れてない感がハンパないけど・・・なんか満足だよ!ストレートに伝えられている気がするし!

仲良い人と話すとき、ずっと敬語か?違うだろ

自分を押し殺して架空の人物を作ろうとするな!ここはパブリックな空間か?!厨二病再来か?

いつからまともな人間になろうとした?!

うおお!許せねぇ!

お客様扱いはやめろ

どうにも「おもてなしの心」が抜けないようだな。

いいか、求めているものは「真実」だ。嘘偽りのない言葉だ。当たり障りのない角の取れた丸い言葉なんかじゃない。多少トゲトゲしくても確実に刺さるような文言なんだよ!

丁寧で買う気の失せる商品レビューが良い例

自分の買った商品だからってベタ褒めるのもいいが、もっと開けっ広げな意見が聞きたい。まるで店員が乗り移ったかのような宣伝なら間に合っている。比較商品やスペックだけずらずら並べられて如何に優れているのかと解説されても困るわけで。

買おうと思って覗いたレビューサイトが手に取るように商品を説明していて、なんかもうそれで満足しちゃって買う気が失せることって結構あるよね。

必要だ、欲しい!と思ったら高くても買うもの。あまりにも良い点が多すぎると話がウマすぎると思って逆に引くからね?

買えばわかる!買わなきゃわからん!くらいシンプルでいいじゃん。価値観なんて人それぞれだよ。こっちはその商品を使ってどうなったか知りたいだけ。ダメならダメと言ってくれれば良い。

これってレビューだよな?まさか買わせるためか?おいおい冗談だろ?まるで購入まで秒読み待った無しの人間を前提に後押ししてるレビューじゃないか!

「すげー!これすげー!」くらい単純だと何が凄いのか気になっちゃって買ってしまう。結局、良いか悪いかは他人が決めることじゃなかったと買ってから気づくものだから、他人レビューなんて案外どうでもよかったりする。店員並みの知識を振りまかれて喜ぶのは商品の到着を待っている購入者だけだろう。私の選択は間違ってなかった!ふーははは!とな。

誠意なんか糞食らえ

三行もあれば書けることを懇切丁寧な長文にしやがって!もっと普通に話せよ!ちゃんと聞くから!

距離感を間違えて突っ込みすぎるのは良くないけど、離れすぎてちゃ聞こないことだってあるんじゃないか。

誠意を込めれば誰にでも当たり障りなく正しい想いも伝わるだろうけど、街頭なら果たして何人が立ち止まるだろう。有難いお言葉なんか聞きたかないね。綺麗事にしか聞こえないもんね。「お前もか」と有象無象にカテゴライズするだけよ。ちょっと過激な発言をしている政治家の方がよっぽど興味関心を持つね。

ぶっ壊れた方が絶対に楽しい

ストレス社会で生き抜く我々に等しく与えられたインターネットという空間で変にかしこまることはない。

アホになれ!

出来なくてもバカを演じるくらい器用になれなきゃたぶん自滅する。これは現実でもインターネットでも変わらない。多少は間抜けにならないと生き残れない。真面目で真摯に取り組む人間ほど脱落していくものだと思ってる。

もっと気楽に生きよう。