s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

主人公を無条件で好きになるのはなんで?

作者の経験が全てを物語る。

作者より頭の良いキャラは作れない

これと同じで自分の恋愛経験を超えた範疇でことを妄想しようとすれば無理があるのは仕方ない。それでも「あるわけない」を想像で書くこともできるはず。それがクリエイターとして最も求められる部分でオリジナルを入れ込む要素になるはずなのだが、よりにもよってどうして

  • 無能力
  • 冴えない
  • 努力が嫌い

みたいなワードが当てはまる主人公をヒロインは無条件で好きになるのだろうか。

感情移入がし易い?

もし狙って設定しているのだとすれば我々読者や視聴者への冒涜。悲しい人たち向けに購入層を絞って「こんな主人公でも頑張っているのだから・・・」と奮起させるのが目的ならわかるけど、そういう作品は大抵が売れてないよね。仮に「頑張れ!頑張れ!」と応援したくてもヒロインが好き好きビーム出してハーレム状態になったら応援する気も失せてヘイトしか溜まらないけど。こいつは何を描きたいんだ?

まるで意味がわからない

もはや「恋愛の設定を考えるのが面倒だ」と言ってるようなもの。とりあえずヒロインを可愛く見せるため恋する乙女を演じさせて主人公を魅力ある人物として仕立て上げる為に利用していると曲解されてもおかしくない。

「この主人公をヒロインが好きになる要素がきっとどこかに!どこかにあるはずなんだ・・・!」

頑張って探しても見つからず、最後まで魅力のないままに終わるからハーレムはクソ。

日本人は一人がダメと言っても二人が良いと言えば良く見えてくるもの。長いものに巻かれる心境を巧み(笑)に利用したマーケティングのつもりだろうか。

なにもかもご都合主義で展開される

それなりに努力を重ねて裏打ちがされているのであれば

  • 斜に構えている
  • 興味関心がない
  • スカして小馬鹿にする

これらはかっこよく見えたりするもの。なんとなくヒロインが惹かれるのはわかる。

ところが同じようなキャラでも「まさか・・・!」で急に答えに行き着いたりする姿は電波でも受信してるのかと疑ぐるし、突然に異能力が芽生えて強くなったり、妙に聞き分けがいい敵キャラばかりで戦闘中も話をよく聞いてくれる。仲間もすぐに信用してくれるし、主人公の行動に疑問なんか持ちゃしない。

「きっと彼なりの理由があるはずよ」

ないと思うがなあ。

周りの環境が恵まれすぎていないか。そして設定だけが物語の進行と共に増えるだけ増えて補足は作者の現し身のような「世界を全て知っているキャラ」が都合よく補う。

そんなご都合主義の作品には作者の心境が手に取るように現れていて

  • 努力が嫌いなのは主人公ではなく自分
  • 無能力な自分を卑下するあまり冴えない主人公を演出する
  • 「いつかきっと」という妄想を作品に兼ねる
  • 無条件で他人から愛されたい
  • 言わなくても誰かがやってくれる

裏を返せば承認欲求の塊で葛藤しているのではないかと勘ぐってしまうほど酷い。

まるでチラシの裏に書いた妄想を綴っているだけにしか思えない。他のキャラは全てモブで心境とか一切なく、自分の思い描いた通りにキャラクターを動かし、そして動き、すべての事象が都合よく収束する。

一体何を見せられているんだ?

浅はかな思考回路

これは恋愛以前に作者が持つ人生経験の不足が大きい。これならば失敗と挫折が極端にポジティブ方向へ転化したかのような展開にも納得できる。都合の良い方向でしかキャラが動かないのは都合が悪くなった時の解決方法を知らないから動かせないだけなのだ。恋愛で失敗してうまく解決させる為にはどうするべきかということを知らないから無条件で好きにさせておくしかないということ。そもそも恋愛したことがないのであれば「こうであってほしい」の悲しい妄想でしかない。

あるあるが一つもない作品に感情移入は不可能。

共感を得て爆発的に人気になる作品は「どこかで見たことある感」が存在する。恋愛要素一つとっても「既視感」が欲しい。妄想で「あったらいいな」というのはもう古い気がするよ。男の妄想大爆発が売れたのは昔の話でさ。今は違和感しか生まれない。それだけ他作品が極まってきているというのもある。

もはや作者の心の病気

結論としてそういう作品にロクなものはない。特に男性向け作品に多い。悲しい男の妄想を綴ったインスタントライトノベルなら刊行せず携帯小説にとどめておいて欲しい。

そういえば昔はハーレム物ばかりだったなあ。今も一定数存在するのが現状。売れているから存在しているんでしょうね。ともすればストーリー重視ではなくキャラ物。目的はメディアミックスか?なんだかいやらしいね。

中途半端な恋愛要素なら必要ない

個人的に恋愛要素のない作品はあっさりしてて好きです。「なぜだぁ!くっつけぇええ!キスしろぉ!してくれぇ!」とこちらが妄想を爆発させられる。恋愛が見たいならね、素直に恋愛にカテゴライズされる作品を見るんだよ。30代や40代のおっさんが考えた恋愛要素より女性向けの恋愛小説とか読む方がキュンキュンする。ホモじゃないよ。ホモじゃない。でも心境を書く能力は女性の方が上と言わざるを得ない。

男性は妄想ばかりだけど、女性は圧倒的なリアルを描く傾向にある。もしも男女混成でストーリーを作ったのなら、どれだけ面白い作品になるのだろう。