s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

PV数の上がるSEO対策?端的に簡単に誰にでもわかるオススメを教えて!

ぶっちゃけ面倒なSEO対策の初歩的な部分を可能な限り短く説明するのでサクッと覚えて今日から・・・いや明日からブログやサイトに取り入れてください。

SEO対策は必須

ブログやサイトを運営して「そこそこ」でもアクセスが欲しいと願うなら絶対に必要です。今はアクセスが少なくても3ヶ月後くらいにはアクセスも倍々に・・・とお祈りしていても意味がありません。アクセスじゃなくて今まで運営してきたブログとサイトにバイバイするのが落ちです。過度に期待するのはやめましょう。

SEO対策をしなければ絶対にアクセスは得られません

じゃあどうすればいいの?

SEO対策の基本

本題です。本題にして真髄。これさえ覚えれば今日はもう帰っていいよ。

「キーワード」を選定して「キーワードを混ぜたタイトル」を書く。

以上です。

はい?

忘れてはいけないSEO対策の初歩的なこと

皆さんは普段、検索エンジンに「キーワード」を入力しています。検索を開始して「結果に出てきた一覧」から好みのサイトへアクセスしているはずです。この検索エンジンに入力する「キーワード」が最も大切だということを忘れてはいけません。

そして「結果に出てきた一覧」の中で目に止まった「タイトル」をクリックしています。記事の内容がどうあれ、サムネがどうあれ「タイトル」と「概要」しか表示されていないのですから一番最初に目を奪うのは「タイトル」です。概要?普通は読まないよね。さっさとアクセスして中身を見た方が早いもん。

中身を見てもらって初めて記事の内容で勝負が出来る。拡散されて初めてサムネが生きる。

だからそんなもん、あとまわしだ。

全てのSEO対策を最初からやり過ぎ

  • サブスクリプションの設定
  • Hタグを構造化させてサブキーワードを入れ込む。
  • 重要装飾タグ(strongなど)で検索エンジンにアピール。
  • 画像をたくさん使ってスクロールを稼ぐ
  • 画像を軽量化してサイトの表示速度を改善
  • 資料とグラフを明示。引用も忘れない。

とにかく誰かの為に誰かの役に立つ記事を書かねば作らねばと思っている人が多過ぎる。

そんなあなたたちのボランティア精神に敬礼

検索されない「キーワード」で平凡な「タイトル」であれば全て水の泡だって知ってた?

キーワードの探し方

キーワードはここで探してください。 goodkeyword.net

ここでなんでもいいからキーワードを入れてごらん。書きたい記事で思い浮かぶワードでいいから。今書いているこの記事であれば「SEO」とか「SEO対策」とか。

※ここから超重要

「SEO」で入れたら一番上には当然だけど「SEO」がきてると思う。それでやって欲しいのがワードが一つだけのキーワードは基本的に無視するということ。「SEO」だとか「SEO対策」だとか一区切りになっているもの全て。

必要なのは複数のワードが組み合わさっているキーワードを選択すること。

「SEO」と「対策」で「SEO 対策」というキーワードのことですよ。ブログやサイトを開設して間もないなら「2つ組み合わさったキーワード」もちょっと厳しいと思う。これはドメインパワーが影響している。詳しい話は需要があれば書きます。

狙いはキーワードが三つ重なったもの

ここが狙い目。とりあえず思考停止してこのキーワードを選んでいれば問題ない。「SEO」「対策」「方法」とかです。

大切なのはこれらが「実際に検索されているワード」だということ。需要があって表示されているキーワードなのでこれらのワードを使ってタイトルを書こうものなら工夫が必要になります。

タイトルのつけ方

こればかりはセンスであり、運であり、ケースバイケース。明確な答えがないから難しい。運営していくうちに記事タイトルを変えることだってあるし、探り探りで最適なタイトルを見つけなければならない。記事タイトルを変えて記事単体のPV数から判断する極めてアナログな方法しかない。時期にもよるだろうし、情勢で左右される要素もあるから的確に需要を見極める必要が出てくる。

それでも間違っていると断言できるのは「ただキーワードを並べただけ」というタイトル。

例えば「SEO対策の方法と効果」みたいな冴えないタイトル。これは「SEO対策」と「方法」と「効果」がキーワードです。これだけシンプルでわかりやすいタイトルが検索結果の上にあったらたくさんクリックされそうです。クリックされそうということはあの手この手で心を掴むキャッチフレーズでタイトルを武装した他のサイトが邪魔をしてくるものです。過去にはこれだけシンプルなタイトルで記事を書いた人が居たのでしょう。それを上回ろうと更にキャッチーなタイトルで勝負をかけた人がいたのです。今はもうここまでシンプルなタイトルで展開している記事はありません。

嘘でも騙しでもとにかく目に付くタイトルで心を鷲掴みにするようなキャッチフレーズと一緒にキーワードを入れることが重要です。

アクセスが伸びたら?

アクセスが伸び出したら勝負です。その記事を作り込んでください。数々のSEO対策が世に出回っていますから、この記事を見てやってみたように他の記事を見ながらSEO対策を施して完成させるのです。1記事だけでも検索エンジンからの評価が上がれば他の記事だって芽を吹き始めます。

この段階にまずはいくということが何より重要なのですが、殆どの方は気づいていません。

その為に小汚いことはなんでもする。そういう精神が大切です。