s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

FPSがやりたい?まずは無料で遊べるサドンアタックから!

登竜門と呼べる日本最大手のFPSオンラインゲーム

sa.nexon.co.jp

運営開始は2007年で私が一番最初に遊んだPCゲームであり、FPSというジャンルとの出会いでした。

難易度はかなり高め

頭を狙えば一撃で倒せます。逆に言えば頭を狙えないと話にならないということ。極まってます。

止まらない過疎化

一度はサドンアタックで名を馳せた人たちも今は別のFPSへ流れていきました。今は魅力的なタイトルがたくさんありますからね。大会があると戻ってくるという形で活躍している選手もいますが、賑わうとしてもクラン戦というチーム対抗戦が行われる時間帯のみです。

チーム対抗戦は専用のサーバーで行われ、クラン戦。それ以外は野良試合と呼ばれます。これは一般サーバーでのプレイを指します。一般サーバーでは初心者から上級者まで入り乱れて戦うことになります。その一方で初心者サーバーも用意され、この三つが主なサーバーと言えるでしょう。

しかし新規参入がなく、強い人ばかり固まっています。初心者サーバーに行っても上級者に勝てない上級者崩れのような人たちが「腕慣らし」という名目で紛れ込んでいるのでマゾな人たちでないとやっていけないというのが実情です。

初心者殺し

しかしながらキルデス率というのがあり、パーセンテージで表す相対的な強さというものがあります。K/Dと言いますが、散々やられて弱かった人がちょっとでも初心者を脱して強くなると当てにならなくなります。これが70%以上になると初心者サーバーから強制的に排出されますので一方的に初心者の方がなぶられるということも少なくなりました。 FPSをやろうという段階で上手い人たちにやられてばかりでは楽しむ前に辞めてしまう人が多いでしょう。気持ちはわかります。一旦上手くなってしまえば極端に下手になることはないので頑張って欲しいところです。

スナイパー一強

サドンアタックはスナイパーが有利です。MAPの構成から武器の性能まで優勢になることが多々あります。それでも立ち回りで出し抜くことが可能ですが「あれはスナゲーだから」と呼ばれ疎まれることが多いです。何を求めているかわかりませんが、大型ライフルの前で仁王立ちしたら撃たれるのは必至。撃ち抜かれれば死にます。理不尽だと嘆く人もいますが、豆鉄砲ではないのですよ。時として一撃で終わるというのが面白さなんだと気づいて欲しいです。

ヘッドショット以外は無価値

スナイパー以外のアサルト組はことヘッドショットに関して腕が求められます。相手より早く頭を撃つ。昔ながらのFPSと言えばヘッドショットに重点を置いたゲーム性でしょうか。サドンアタックは特に「あれはHSゲーだから」と呼ばれ疎まれます。またかよ。 とにかく頭に当てなければ死ぬと考えて間違いありません。胴体や腕、足は意味がないのです。強いアサルトライフルであれば胴体3発で仕留められることもありますが、2発当てるうちに1発だけ頭に撃ち込まれて終わります。この一撃死というゲーム性は与奪が一切なく、部屋に入った瞬間にいきなり死亡するので慎重に行動することも求められるのです。 よって突っ込むばかりではなく、退くことを覚えられないと勝てないということに気づくでしょう。

立ち回り重視

スナイパーにしろアサルトにしろ立ち回りが重視されるのはゲーム性もさることながらMAPのシンプルさも一役買っています。正直、腕の差は真正面から打ち合う時のみです。AIMがどうのというのは中級者までで、上級者からは連携や立ち回りが勝敗を分ける要因となります。 打ち負けるというのは運もあるのです。これを実力差で片付けてしまうのは乱暴です。打ち負けない動きをしていくのがキモとなります。

単純であるからこそFPSを学べる

サドンアタックはFPSとしては老舗です。古くてシンプルなゲーム性であるがゆえに根幹を学ぶには持ってこいというもの。私が始めた当初はβテスト時代だったことやFPSというジャンルがまだ日本に浸透していなかったという背景も相まって全員が同じスタートラインでした。ガチンコで撃ち合うことも稀でお遊び専用の部屋が多かった印象です。1年経つ頃には細分化され、新規やベータが入り乱れ一番盛り上がった時期が2年目です。3年目には流石に実力差が浮き彫りとなり、強いプレイヤーはチート並みの強さを誇っていました。クランもガチクランとそうでないお遊びクランに二分化されていました。

私もチートと判断される側でガチクラン所属でした。野良試合をするたびにチートだと蹴られ、どこへ行ってもプレイができなくなりました。身内かクラン戦での試合がメインとなります。やがてチームの解散と共に私も引退した身です。当時は日本で3位のクランに在籍しておりましたが、良い経験を積めたと思っています。

最近またやる機会があったのですが、やっぱり楽しいですね。レベルの概念がない。自分の実力で勝負できる。課金要素が絡まない。純粋に対人戦をしているという感覚です。人の少なさに驚きつつもほのぼのとプレイを続けてまたチーム戦が出来たら面白いなと考えています。

どうか青春であるサドンアタックが消えて無くなることがないよう祈るばかりです。