s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

敵に当たらない!原因は1つだけだった!FPSで調子が悪い時に確認すること!

調子が悪い時は何かのせいにしがちです。が、まず「調子」のせいにしていては脱出は困難です。これにはある原因が介在しています。敵が強かったり、味方が弱かったり、自分が下手になっていたり・・・?実は一つしか理由がありません。

FPSで調子が悪いとは

私の場合はAIMです。というよりほとんどの人が調子の悪い原因としてAIMではないでしょうか?

  • 狙っているのに当たらない。
  • 当たったはずなのに死なない。
  • 敵がとにかく硬い。
  • 反応が追いつかない。

あげればキリがないほど調子のせいでダメになる要素が多すぎます。

原因は視野意識にある

人間は疲れると意識しているつもりが気づいたら意識していたことを忘れています。眠る時に目を閉じながらFPSことを考えていたはずが暫く経つと全然違うアニメの内容にすり替わっていたことはありませんか?私だけですか?恐らくアニメの見過ぎですね。とにかく眠いと意識が混濁してきます。究極的に集中力が落ちた状態を眠い時だと仮定します。

FPSで重要なのは周辺視野と中心視野です。索敵は周辺視野で行い、敵を目で追うのは中心視野となります。目で追いつつ画面の中心を持ってくるというのがAIMの基本となります。まずこれがわからない人は意識してプレイして見てください。レティクルを見ながら敵に合わせている人であれば敵を目で追いつつ画面の中心に持ってくるようなことを無意識でやれば調子が良いように感じられ、上手くなったように思います。事実、上手くなっています。ただ意識が足りないせいで元に戻るのです。

自然と出来ている人はこの中心視野の動きが周辺視野寄りになります。ずっと中心視野に焦点を当てて動かすことは難しいです。普段は周辺視野で周りを見ています。FPSの時だけ無意識有意識に関わらず意識があって切り替わっているのです。調子の上がらない日、上がる日の違いはこの視野意識によるところが大きく作用します。

敵が強いから調子が悪い?

毎日プレイしていれば強い人と当たる時や弱い人と当たる時があると思います。それでも野良試合などで成績を確認しながらプレイしていると明らかに自分より下手な人だと分かることはありませんか?そういう人にも撃ち負けたり後ろを取られたりすることがあります。どう考えてもおかしいです。AIMが下手になっていることを自覚して、すぐに周辺視野でプレイしていないか確認して下さい。確認は視野の切り替え感覚がわかっていなければ難しいです。

立ち回りが雑

強い日の立ち回りは「ガンガン行こうぜ!」です。誰と遭遇しても負ける気がしません。なのでかなりツッコミます。突っ込んでも大丈夫な腕を確信しているからです。これが調子悪い時に同じようにやってもダメなのは自明の理。加えて集中力が落ちていることを理解できるはずなのですが、周りが見えていないとすれば重症です。

集中力が落ちれば視野意識なんて出来ません。身体が元気でも脳は疲れています。この理解を助けるのがクリアリングの順序や射線意識です。本来であればきっちりきっちりと埋めていくように進むのですが、さっさと突き進み、疎かになります。調子の上がった日と全く同じ動きでAIMもそれだけ上がっていれば反応速度を振りかざしてなんとかなるかも知れません。

調子の悪い時は何をやってもダメです。さっさとキャラクターを進ませる左手に頭が追いつかないとあっちもこっちもと集中力が散漫になっていきます。気づけばもうパニックです。左からも右からも敵が出てくる始末。ここで私は「うん、疲れているな」と自覚できます。あまりにも見る場所が多すぎる。そんな日は大抵が落ち目です。

スランプは原因がわからないうちはスランプのまま

なぜ調子が落ちるのかを理論的に考えてみると打開策が生まれるかも知れません。理論なんてかっこつけなくていいので頭を使うというのが大切です。前はできて今はできないことを思い出すのも良いかもしれません。調子が良い時の特徴、悪い時の特徴などを書き表したり、特徴それぞれに原因と解決を求めてみるのもいいのではないでしょうか?

私の調子が悪い時は視野が原因です。これがわかっていれば調子が悪くても無理やり意識することで解決します。普段より少し目を開くという動作で意識を集中させ「画面を中心に・・・画面を中心に・・・」と念仏のように唱えることでやることを理解させながら敵を追っています。ここまで行くと「もうやめろよ」となるので大人しく寝ることにします。

長い間スランプが続くのも経験しています。キルレ2.0が平均値であったはずが1さえも危うく、負け癖がついてからはさらに下回ることさえありました。闇雲にプレイしてると癖がつきます。そうならないよう願います。手を止め考えて下さい。焦る必要はないのです。調子なんて蓋を開けてみればなんてことはないのです。大抵はなにか一つのきっかけで急に戻るものですから。理解していなければまた調子が悪くなったときに苦しいですよ。