s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

家事は女性がするもの?男性は何をするの?

女性が家事を担当する時代は終わったのです。夫婦生活は大変です。もしも夫の考え方が古ければ妻になった女性は一体どんな苦労をするのでしょうか。

女性が家を守り男性が稼ぎに出る

その固定観念は危険です。あなたはいつの時代に生きいてるのですか?江戸時代?現代は共働きが増えましたのでこの構図は殆どの家庭で当てはまらなくなりました。

因みに自ら専業主婦になりたい!と熱望する女性をこの記事は応援しません。

男尊女卑が消えて平等になったか?

男尊女卑がなくなって久しいのですが、女性の声が大きくなりました。大きくなりすぎたとも言えます。家事をする男子を異常に褒めたりすることで煽り子育てを始めたパパにイクメンと名付け囃し立てることで世の中のパパたちに改革を促しました。この右に巻かれろという教育精神を利用した洗脳とも取れる持ち上げ方法は日本の悪いところです。必要でしたか?

男性が家事や育児をするのは当たり前のことです。普通だったのです。そう気づいた人たちが現れ始めたから自ら始めただけだったのです。それを褒め称え賞賛を浴びせ過剰に持ち上げました。

勘違いした人が身近に現れた

看護師をしている女性がとある無職の男性を養っていました。彼は派遣の仕事をしていたのですが契約期間が切れたのをきっかけに晴れてフリーターとなったのです。フリーターを続けながら彼は家事手伝いをしていました。そのうち専業主夫でいいと思ったのか働き口を探すのをやめたのです。彼はニートになりました。

女性は「家事手伝いをしてくれる」と嬉しそうに話しました。看護師の仕事はそれはそれは大変なご職業でございます。存じ上げております。男性は言うのです「俺が支えてる」と。付け加えるなら家事は大変だ主婦は大変だ世の中の男は女を支えなきゃダメだとも言っていました。

私は思うのです。

何を偉そうに

この二人は大きな勘違いをしていると感じます。

専業主婦という悪しき昭和の言葉

最初に「専業主婦」になりたい女性を応援しないと書きました。専業主婦になりたい?お前は昭和か?しっかり現実を見ろ。男は仕事、女は家庭とか言ってる場合じゃない。そう言う時にこの手の女性は「稼ぎの悪い男が〜」とのたまうのです。末路としては金回りの良い男性を見つけては浮気を繰り返し、ロクな人生を歩まないだろうことは簡単に予想出来ます。女性はいつまでも夢を見ると聞きました。お姫様なんだと。玉の輿に憧れたって別に良いと思います。憧れは憧れで現実は現実。これが剥離している人は病気だと思うのです。

家事も子育てもまずは男がやれ

現実問題として女性が不満を抱くのはわからなければなりません。夫であるあなたに365日休みなく死ぬまで働かされるのです。対して男性も「俺だってそうだ!社会の重圧に荒波に上司がうんぬんかんぬん」とまくし立てます。それはどうなんでしょう。働いている人は労働基準法で守られます。仮に女性は24時間ぶっ通しで働いても誰に褒められるわけでもなく無駄に偉そうな夫に付き従うしかありません。対して男性は「働いている」の一つを後生大事に抱え、女性の意見を聞こうとはしません。

男性が意識改革でもしない限り、この関係は一生続くように思います。

ある時、このような夫婦に「共働きという選択しはないのでしょうか?」と聞いたことがあります。「女に仕事させるとか男が廃る」と言われました。私はここで目眩を覚えたのです。

夫婦とは

私が結婚せず、未だに独身でいるのはこういう夫婦を見てきているからです。男性側に問題がある場合と女性側に問題がある場合、それとも両方か。理想なんて大層なものを掲げるつもりはありません。普通で良いのです。家事が大変そうだと思えば手伝い、育児は当然二人で行う。余裕が生まれれば女性だって働くことも視野に入ると思うのです。頑張る男性を見ていれば自ずと選択肢に加わってくるでしょう。そういうものです。お互いに変なプライドは持たず過剰な干渉はせず、ただ少しだけ思い遣る気持ちが大切なのではないか。そして相手に期待してはいけない。

二人とも独立していなければならない。どちらか一方が出来ないことがあってはいけない。私は仕事も家事も育児も手を抜くつもりはないし、それが当たり前だと思って今まで生きてきて、生きる上で必要なことだからその時間を趣味に取られたりもしない。

どうも世の中に目を向けるとそうでもないようだと最近は気がづきました。