s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

【無料】iphoneで作曲するならこのアプリで決まり!

私が初めて作曲を始めたのはiPhoneがきっかけです。作曲について誰かに教わったわけでもなく、机に向かって教科書を広げたわけでもありません。そしてドカっとPCの前に座り込んでDTMをしたわけでもないのです。夜寝るときにベッドでiPhoneを弄っていただけです。きっかけは確かにあり、一気にのめり込みましたが、それはまた別のお話。音楽理論についてもコード理論についても別の記事で。今回は私がiPhoneで使っているアプリをご紹介致します。勉強や作曲にお役立て下さい。

GarageBand

GarageBand

GarageBand

  • Apple
  • ミュージック
  • 無料

これがなかったら私は作曲を諦めています。DTMの環境があるにも関わらずGarageBandを使って作曲をしています。最初の頃はちんぷんかんぷんのうちに学んだ音楽理論を半信半疑で試したり実験する程度の使い方でしかありませんでした。最初はピアノをタッチで打ち込めるアプリを探していただけでした。コードの確認から始まったのです。どれほど音楽知識がないのかお分かり頂けるかと思います。いつしか点と点が結び作曲を始め、そして一曲が完成するまでずっとお世話になったのがGarageBandでした。

DTM環境を適宜揃えてもこれだけ質の良い音源類を揃えるのは難しいです。質を求めるなら個別音源となるのですが癖が強い傾向となります。そもそも音源を作っているメーカーが違いますからね。馴染みが悪いのです。GarageBandに最初から入ってる音源はどの楽器に合わせても違和感がありません。

私はGarageBandで作曲に慣れたところで調子に乗り、遂にはDTMに手を出しました。そして思いもよらない音源探しの旅が始まるのでした。ずっと音源を探し続けて作曲どころではありません。総合音源が良いのでは?と手を出すも音が悪くてやる気が起きません。結局はGarageBandに逆戻りです。

PCの前に座ってうんうん悩むより空いた時間にちゃちゃっとメモをするようなイメージで曲を書き、いつか音源が揃ったら書き溜めている曲をPCに移してミックスダウンしてやろうと作曲を続けました。

iPhone版のGarageBandは少々使いにくいと言われますが、私はリアルタイム入力もしますし、打ち込みもしちゃってます。慣れでしょうね。あとは愛かな。

ピアノコード表アプリ

最初の頃はコードの確認用で使用していました。鍵盤を押さえる場所がわかり、音も出るという条件で探したのがこのアプリでした。音楽理論を学び勧めるうちに殆どのコードを覚えてしまいましたので今は使っていません。コードを大量に覚えなきゃいけないと思われがちですが、コードには覚えるコツがあります。最初の頃に最も音楽理論の恩恵を受けるのがコードを覚えるときでしょう。

まとめ

え?終わり?と思われるかも知れませんが、以上です。あとはインターネットを活用して全てを学ぶのです。別に意気込む必要はありません。私のように夜寝るときにちょっとだけで良いのです。ただ文章を読んでいると寝落ちしてしまうのでYouTubeで作曲や理論について教えてくれている人の動画を見漁ってました。それでも難しくて寝落ちしてしまいましたが。

音楽理論の入り口としてsleepfreaksさんのサイトから入るとわかりやすいです。

sleepfreaks-dtm.com

ただ理論を知ったからといって曲ができるわけではありません。私は学ぶことに夢中になったタチです。それはもう楽しくて楽しくて・・・ただの頭でっかちになりました。

更に中級者を目指すなら旋律法や和声法なども覚えておくと盤石となるでしょう。作曲で煮詰まり、迷って進めなくなった時に音楽理論は役立ちます。

hp.vector.co.jp

作曲は難しいものではありません。一曲だけなら誰でも作れると思います。二曲目、三曲目となるとだんだん辛くなってきます。そういう時にたくさんの音楽に触れていれば、そして様々な理論を知っていれば必ず役に立ちます。そして音楽制作とは日曜大工のようなものだと感じています。覚えることも揃える物もやることも多過ぎます。

まずは私が辿った道を俯瞰してみて、やれそうだなと思ったことから吸収していくと良いと思います。それでもやっぱりきっかけは必要なのでしょうね。この記事がきっかけとなれば嬉しいです。