s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

カラオケで高音の練習を狂ったようにやる人

ボイトレで「高音が出せるようになりたい」というのは大多数の人が思っていることだと思います。中でも狂ったように高音に拘る人いますよね。特に男性。あれ、なんなんでしょうね。

高音厨

とある界隈で高音厨という言葉があり、盲目的に高音を愛する人たちです。高音以外に価値はなく、高音で歌えてこそ本物だと。

そもそも高音とはなんですか?

読んで字の如く「高い音」なのですが、そういう話ではなく音域の話をしましょう。私が定義する高音は「hiD」から上です。一般的な男性の音域は「mid1C~mid2G」だと言われます。ピアノの鍵盤で言えばC2からG3ですね。

もっと具体的にイメージしましょう。ボイトレで解題となる曲に「レミオロメンの粉雪」はあまりにも有名です。音域は「mid1B~hiA」です。一般的な男性の音域から上も下も飛び出てます。だからこそ、この曲がまず男性にとっての鬼門となるのです。殆どの方はhiAという記号しか見ていませんが。

音楽的な耳がない人

私は「hiD」からが高音だと思っています。これは音楽的に聴いてということです。歌だけで言えばhiAで十分です。それ以上は聞き苦しいと感じることが多く、あとは個人の音域によるものが大きいでしょう。例えば個人の音域が元から高いものであればhiAを超えたとしてもそこまで聞き苦しくもなりません。

問題は異常なまでに高音に拘って原曲キーで張り上げるパワータイプです。「高音が出る=上手い」と勘違いしている節すらあります。恐らく音楽的な耳が育っておらず、客観的に聴くことも音楽的に聴くことも出来ない為に「歌が上手くなりたい」が先行して「高音が出せれば」という連想ゲーム式に高音至上主義になったのではないかと。最初は確かにカラオケで上手く歌えたら・・・という理由から始めたボイトレも、いつしか高音を出すことだけが目的になってしまったのかと推察します。

hihi領域

たまに某掲示板で見かけるアレです。「俺はhihiGが限界!前はhihihiG出せてたのになー」というアレです。あの人たちはもう歌を捨て、人間さえやめようとしています。将来の夢は笛にでもなるのでしょうか?

私が歌に使う音域はhiAまでです。キーを変えて調整していますので、あくまで楽曲の雰囲気を壊さない程度の移調と声質を生かす方向で調整しています。人に聴かせないのが条件ならhiFだろうが原曲キーで行きます。そしてhihi以上の音域はどう頑張ってもホイッスルボイスでしか出せません。だから私は某掲示板に居る人たちはホイッスルボイスの練習をしているのだと思っています。トピックのタイトルは・・・いえ、やめましょう。

hihiという音楽的な常識で考えてとんでもない音域が出てくる時点で音楽的に無知です。私のようなキーを変える人間をゴミのように見る方達という偏見も加えておきます。彼らは親の仇のように原曲キーへ拘りを見せるのです。それは反対に「音感がない」と公言しているようなもので、相対音感すらないことからも音楽経験が少ないと推察できるのです。

無自覚オク下

オク下という言葉はご存知でしょうか?「オクターブ下で歌う」ことを指します。hiAの曲をmid2Aで歌うことです。音感がない彼らは無自覚オク下である可能性があります。調のある楽曲はキーを変えてもスケール、つまり音階が変わらなければ同じ曲に聴こえます。彼らはそういう風に聴こえないので「雰囲気が〜」とか「作曲者の気持ちが〜」と原曲のキーで歌うことをを推します。実に愚かなことで、歌が上手くなりたいなら一番避けなければならないことです。

自分に合ったキー

何事にも順序があるように、歌もまずは自分に合ったキーで歌うことが一番重要です。自分に合わない曲ばかり歌っていると力むことから変な癖がつき、修正には練習した分の倍の時間を要するでしょう。原キーから自分の合ったキーに変えた途端、才能が開花して歌うまになった人を何人も知っています。そういうものなのです。自分を楽器の1つと捉えられ、なおかつ素養があった人はあまりにも簡単にハードルを超えていきます。もちろん力が抜けて自由に歌える状態になれば高音を出すのもわけないといった感じで次第に音域が広がっていきます。出せるようになればなんてことはなく、高音に拘るということもしないものです。むしろ疎む傾向にあるとさえ言っておきます。

本当に歌が上手くなりたいのだろうか?

歌う時に喉のポジションがとかミックスボイスがどうとか考えてますか?私は全く考えませんよ。音楽は横の流れも大切ですが、縦が重要なのです。初心者であればあるほどリズムをないがしろにする人が多いこと多いこと。恐らく意識しなくても出来ることだからでしょうね。いや、出来ていると思うからでしょうね。音程が外れようが声が裏返ろうが縦さえしっかりしていれば案外聴けるものですよ。

歌っている最中に言えばバックミュージックを聴くこととそれに合わせることに全神経を注いでいるのです。胸に響きをどうだなんだとそんな余裕は微塵もありません。腹に力?ばかいうんじゃない、自由に歌えなくてはならないのに力んでどうするのですか。高音は歌の表現方法の1つに過ぎません。歌で覚えることめちゃくちゃ多いですよ。歌って声出すだけでしょ?バンドで一番簡単じゃん?と心ないことを言われることもあります。なめるなですよ。確かに誰でも歌うことなら出来ますからね。ギターやベース、ドラムのように弾く段階、叩く段階にいくまでの練習は必要ありませんからね。

さて、高音に拘る方はいつまでも高音でつまづいているつもりなのか?本当に歌が上手くなりたいなら焦るべきです。思っている以上に先は長いですよ。