s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

本気でDTMを趣味にするつもり?

全くの初心者から趣味としてDTMを始めるのは少し敷居が高いように思います。お金も時間も掛かるしはっきり言って課金ゲームです。クソゲーです。それでも結構。是非やってみて下さい。

www.s13y.com

私は以前この記事を投稿しました。きっかけなんて何でもいいのです。最初はDTMではなくiPhoneでの作曲でした。まずは何でもいいから触れてみることです。この広く深い沼の世界に。

DTMは敷居が高い?

冒頭で書いた手前「シキイヒクイヨ」とは言えません。DTMということは音楽に興味関心があると仮定して、例えば趣味の王道であるギターを引き合いに出しましょうか。極端な話をすればギター一本あればとりあえず始められます。入門セットを買うのです。入門セットは廉価版で云々と言われますが、いやはやそこは腐っても楽器。素晴らしいクオリティですよ。ていうか安い。1万円代から手に入れられるんです。安い楽器はダメ?いいんですよ初心者なんですから。最初から気張って高いの買うと絶対に「せっかく買ったんだから」というプレッシャーに縛られます。安ければ最悪インテリア。思い出した時に弾く。これが重なって徐々に趣味になっていくものじゃないですか?

さてDTMはどうでしょう。巷では「音楽の素養がない人でもDTMなら出来る」とか言われてますがDTMに手を出す時点である程度は音楽に触れているはずです。本当に全く知らなくて「DTMという趣味があるらしいやってみよう」という人はいないと思います。上司に誘われてゴルフを始めるのとは訳が違うんですよ。全くの無知で音楽が作れてしまうほど甘くありませんって。

音楽理論を知らなくても作曲する人は勝手に作っていると言われる人たちだってピアノやギターの経験があってこそです。何となく肌で感じていることを卓上で再現できているから音楽になるのです。素養そのものがないのにどうやって作るんです?

最初の入り口からDTMは躓きやすい要素がてんこ盛りです。

DTMは日曜大工

初心者からすれば小屋を建てるレベルです。家を建てるという人がいますが、盛りすぎです。流石にそこまで大変ではありません。ていうか家って。趣味の話だろ?

材料を音源として工具をパソコンやDAWなどのソフトとしましょう。色を塗ったり内装を整えるならMIXなどの作業でしょうね。小屋を建てる知識は音楽理論で細かい場所に手を入れるなら編曲やアレンジが必要になります。そんな感じでしょう。私は防音室を自作したことがありますが、0から始めるのは大変でした。最終的にデッドな環境になり過ぎて挫折してます。その点、DTMならやり直しが効くからDTMってすごい。そう、DTMならね。

DTMの沼は広く深い

本当に恐ろしいのは環境が揃った後に待ち受けます。素養が少しあれば「それっぽい」感じで「曲っぽい」のは出来るはずです。この段階でパソコンの使い方やDTMの使い方に躓いている人はいないはず。そしてそれ以上を求めるなら更なる知識が必要です。理論はもちろんですが、買い足す音源があれば使い方も学ばなければなりません。

総合音源はまだいいでしょう。音質に欲が出て目が眩んで専用音源に手を出してみなさい。DAWソフトを使いこなすより大変だったりします。シンセなんか手にした日には大量のパラメーターと数ヶ月はにらめっこします。DTMで曲を作るよりそれら関連項目の勉強が絶えません。

DTMは時間の浪費が多い

理論や楽器の知識がなければ大抵は数曲作って終わりです。それまで投資した金額と時間には見合わない結果となるでしょう。

そこから頑張って継続するとすれば広大な音楽の世界へダイブしなければなりません。国年代問わず様々なジャンルを聞いて、曲を買い漁る日々。インターネットからDTMや作曲、音楽関連の情報を集めたり、新しいMIXの仕方も模索するでしょう。音源を見つけたらついつい使ってみたくなるのがDTMerです。音作りを始め、打ち込み始め、何となく感触を掴む頃には一体どれだけ時間が経っていることか。

社会人であれば生半可な情熱では現実的に厳しいこともあるでしょう。

それでも作曲は楽しい

素人さんからすれば高尚な趣味に見えます。見えるだけで実際は地味です。畳の目を数えるくらい地味な趣味です。評価されるのは畳の目の数を報告する時だけです。最初こそ「本当に数えたの?!すごい!」とちやほやされますが、そのうち「で?」って感じで相手にもされなくなるでしょう。

DTMを趣味にするってそういうことだからな?

だから作曲を楽しいと思える人、ただただ自己満足の世界に浸って独り遊びが好きな人でないと継続は難しいと思います。例えばゲームのマインクラフト。あれは自由過ぎて「なにしたらいいかわからない」といって楽しめない人が居るんですよ。それで飽きちゃって。音楽は自由です。何してもいいです。禁則もあります。でもクラシックを練り上げるでもない限り本当に自由です。自由と言われた途端にどうしていいかわからなくなるような人は向いてません。DAWの画面を立ち上げたら頭が真っ白になって何も浮かばないとか言い始めます。

私は楽器を弾くからまだ弾いてる最中やアドリブ時に断片が思い浮かんだりします。理論も知っているからガチゴチに固めてアレンジでぶっ壊すとか出来ます。本当にDTMしかない人は辛いと思います。

でも、とりあえずやってみればいいんだよ。難しいことは抜きにして、始めてみればなんとかなったりするものだからね。楽しさに気づかなきゃ続かないけど、楽しさに気づくには始めなきゃ。こんな当たり前のことにやる前から悩んでいても仕方ないでしょう。

下手でも変でもおかしくてもとにかく一曲。なんでもいいからオリジナルを作ってみて下さい。