s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌を練習する時に家でしている人は要注意

家で歌える環境がある人は羨ましいですよね。私もいつも羨んでおりました。遂には耐え切れなくなり防音室を買ってしまうまで、家での練習に恋い焦がれたものです。

さて、家で歌を練習する時に気をつけなければならないことはなんだと思いますか?今回はその事について触れたいと思います。

「小さい声で歌う」癖がつくとなかなか取れない

家で練習して一番怖いのは「小さい声で歌う」癖がつくことです。家で練習できるとして皆が皆、大きな声で歌っているとは限りませんね。そして響く環境であればより小さい声で歌うことに慣れきってしまうでしょう。こういう方はいざ歌を披露する段階で上手く歌えないと思います。音楽をバックにするとかき消されてしまうからです。

音楽に合わせて歌おうとすれば普段使ったことのない声量を扱い兼ねてすこぶる調子が悪くなってしまうでしょう。

小さい声で歌っているといつまでも腹式呼吸にも辿り着けないと思いますし、声を前に飛ばすだとか喉を開けることは出来ません。

歌でそんなに大きな声出す必要はあるの?

大きな声を出す必要はありません。そうではなく、出ちゃうんです。発声を正しくしていくにつれ、小さい力で自分も萎縮するほど大きな声が出ます。歌っている最中に「やっばぁー」って肩が竦んじゃいます。歌っている本人はそこまで大きい声を出している自覚はありませんが、圧の強い声が出た自覚はあります。

響く声と響かない声

外鳴りだとか内鳴りだとか専門用語はわかりませんが、内鳴りの場合は自分にうるさく聞こえるので制御ができるはずです。そして内鳴りしている時は力を入れなければうるさくならないので自覚しながら歌えます。この声は遠くまで届くことはなく、有効範囲は自分のすぐ近くのみです。

発声が良くなってくると自分で感じる音量はそこまで大きくありませんが、周りの人間が聴くと大きく聴こえます。大きいか大きくないかは声の大きさではなく身体から息を出す圧縮力とでもいいましょうか、その強さで判断します。遠くまで届く声ですのでめちゃくちゃ響きます。そして喉が開いているので声量も半端じゃありません。カラオケで言えばマイクがあってもなくても変わらないという現象が起きます。

オペラ歌手のような耳に刺さる絶対的な音音ではなく、あくまで声の音圧です。決して「うるさい声」ではありませんし、ましてや素人特有のキンキンするような叫び声でもありません。どれだけ高くなっても声は大きく変わらないので苦しそうなイメージも持ちません。さらっと出してるから自分も歌えるだろうと思うと「意外と高い」ことに気づきます。

そういう人を自宅に招き、自分の家で歌ってもらうと今の自分が普段どれだけ声を抑えていて、目指すべき場所はどこにあるのかが理解出来ると思います。

小さな声で歌っていると動かない筋肉もある

この動かない筋肉に気づけたら発声は劇的に変化します。あくまで感覚的になのですが、息を流して、その息を摘むような圧縮するような筋肉があります。咳払いすると小さい声でコホコホしても意外と声が大きくて困った経験はありませんか?あれを歌でも応用する感じです。そのまま咳払いを歌にすると歌えませんが、小さく出そうとしても大きい声が出てしまう感覚には近いです。

出来れば十分に声を出せる環境で歌う

これが最善だと思います。家で歌うのは曲を覚える程度で、歌の練習は別の場所で行うべきです。変な癖がつくと癖を取るまでに練習した倍の時間を要します。私見ですが、家で練習している殆どの方が喉で歌っていると思います。発声がしっかりしてきたら「やべーな」って自分でも自覚するようになり、自粛するはずです。そして癖がつかないように発声を控えます。

最後に、歌に声量は必要はありません。歌っている本人は腹八分目くらいです。この捉え方を間違えて大きな声を出す必要はないから小さい声で練習しようとしている方は注意です。声量が出ているように聴こえる声は必要です。如何に小さい力で響かせるか?という点で練習すれば間違った発声にはならないはずです。