s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

高音の発声が出来たら何が凄いの?

歌が上手くなりたいのか高音で歌いたいだけなのか、歌が上手くなりたいから高音を出したいのかわからない人がいます。どうにも高音に拘る人は好きになれません。歌の中でもほんの一部の要素でしかないのにどうしてそこまで拘れるのか?

因みに以前もこんな記事を書いています。

www.s13y.com

私は高音に疑問を持つ人の仲間です。

大して高くない

そもそも高音がどうとか言っている人たちは高さに拘るあまり喉締めや声帯閉鎖が酷く、ポリープだの結線だので早々にリタイアします。そしてリベンジに燃えるのですが大して高いわけではなく、かと言って高い声がまた出るようになるかと言えば微妙で喉を絞めまくります。いわゆるキンキンボイスで高く聞こえるだけで、実際の高さはhiAと少し上くらいなものです。

喉絞めが酷い

当の本人は発声がしっかりしていると思っていますし、周りの人間も凄いと唸ります。その実、鶏の首を絞めるような声ですが本人も本人であれば周りも周りです。決して「歌が上手い」という声が上がるわけではないのですが「高音が凄い」と口々に言うのです。

音楽的な観点から見ればhiAが出ればいいと思っています。そしてhiC以上が高音域だと思っています。歌ってる本人はドヤ顔ですが、残念ながら中音域です。ではどこで「高音が凄い」の言葉が出るかといえば「奇声を上げる部分」です。

二度とカラオケに行ったり歌を聴いたりすることはないでしょう。

とにかく歌が下手

リソースを全て「高音を出すこと」に全振りしているのでなかなかステータスが上がりません。歌はトータルですから、どれか欠けてしまう発声だと欠けたどれかが足を引っ張ります。当然と言えば当然ですが、特に高音発声に拘る人たちは顕著です。

「奇声の上げ方」は上手いと思います。人前でやれと言われて出来るものではありませんので尊敬すら覚えます。

声量がない

喉が閉まっているので声が前に飛びません。結果としてマイクを齧るように、食べるように、そしてマイクのヘッドを手で覆うように歌うので街角の街頭演説でももっとマシな雑音へ早変わりです。

何が凄いのか本当に理解ができない

高音に拘る人たちの間では自分たちの出している声が誉れのように競い合います。実に珍妙な光景です。奇声を上げながら高音の出し方を教示し合っているのですから。養鶏所の方がまだマシです。

とにかく耳に優しくない彼らの声を1時間と聴きたくないと私は思いますが、大抵は2,3曲がピークであとは腑抜けた裏声メインになるので我慢します。その裏声だけの方が上手いのですから、本当にもったいない。耳がおバカさんになっているのでしょう。

www.s13y.com