s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

人間関係で失敗した?信用を取り戻す8つの手順!

一度失った信用を取り戻すのは決して簡単なことではありません。恋人や友人、様々な事情があって信用を失った方の為に記事を書きます。私自身、人間関係では何度も失敗しております。その中で得た方法を紹介します。

信頼を失うのは一瞬

相手から信頼されるのは長い時間を要します。しかし失うのは一瞬です。そして取り戻そうとするのならば更に長い時間が必要となります。これを普段から心に留めておかなければなりません。

誠意を込めて謝罪をする

言い訳があると思います。色々頭を巡っていることだってあるはずです。それでも、何を差し置いてもまずは謝罪です。

謝罪するときはただ謝るだけではいけません。どうして自分が謝罪するのかを明確に伝え、相手と自分との擦り合わせをして下さい。着地点が見えない状態で闇雲に謝ると余計に怒らせることになります。

真剣に、誠意を込めて、自分の感情は一切抜きにして冷静に。相手のことだけを考える必要があります。

素直な気持ちが大切

その時だけは恥も外聞も無い人間になりましょう。どストレートに思いを伝えて下さい。周りに人がいる?誰かが見ている?関係ありません。あなたの想いが真剣であればあるほどそんな瑣末な問題は気にならないはずです。カッコ悪くてもいいです。泥臭くてもいいです。ただがむしゃらに等身大の気持ちをぶつけて下さい。

自分を許せなければ人を許せない

例えば罪悪感があり、その罪悪感が自分の感情を制御するのに邪魔をしていたとしたら危険です。やってしまったことはいくら悔いても仕方がありません。信用を取り戻すという段階で持ち出すのは間違っています。今じゃなくてもいいはずです。何よりそういう心理状況では言い訳ばかりしてしまいがちです。誰かに許してもらおうとしてしまうのが人間ですからね。そんな弱い心で信頼は取り戻せません。

後悔するのは後、やるべきことをやる為に一時的にでも自分を許して下さい。

時間をかける

長期戦です。今日明日でどうにかなる問題ではありません。それは覚悟して下さい。相手が自分を許すかどうか、それを急かすのはあまりにも身勝手です。一気に押したあとはサッと引くべきです。引くことを覚えないとこの先の人間関係でも苦労しますよ。

へこたれない

ネガティブになったりすると思います。ついつい余計なことを考えて気持ちがぶれてしまうでしょう。そういう時が一番危険です。例えば相手と自分がSNSで繋がっている状態で「自分は今こんなに落ち込んでいる」という気持ちを書いてしまったりすると誠心誠意謝ったことが台無しになります。

ここで一度、明確な立場を決めるべきです。あなたが下で相手は圧倒的に上です。だから決してへこたれないように。

こまめな連絡を心掛ける

謝罪をして、気持ちを伝え、長期戦を覚悟したあとは適切な距離を保ち、連絡を入れましょう。適切な距離というのが曖昧で難しく、二人の関係に左右されるものです。一概に言えることではありません。

ただ、連絡を送るのをやめてしまえば必ず縁が切れます。場合によっては返事が無くても送り続けることが必要です。ただし、見極めが肝心です。想いの真剣さを伝えられる反面、とんでもない誤解を生み出す危険性もあります。こまめな連絡を心がけ、節度ある距離で縁を保ちましょう。

終わりに

少し冷静になってきた時点から物事を客観的に見て、相手の立場になって考えるようにして下さい。そして信頼される人間になるには他人の目を気にしない姿勢です。信頼を失った直後は難しくとも、徐々に平常運転に戻していく過程で自分を変えていきましょう。

昔でも今でもなく、次に相手が信頼を寄せるのは未来のあなたです。