s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

人付き合いが辛いと感じるとき

どうして人付き合いが辛いと感じるのでしょうか。また、そう感じる理由を挙げてみます。

相手に合わせるとき

私は相手に合わせるのが苦手です。私がいの一番に辛いなと感じる理由がこれです。わがままであれなんであれ、人に合わせたくないといけない状況というのは一歩引いてしまいます。そうなる前にそそくさと居なくなったりしてしまうので人付き合いが苦手なままなのでしょうね。

距離感が掴めない

苦痛に感じるのは距離感が掴めない時です。人の顔色を伺って距離を測っているうちは辛いままです。わかってはいますが、一度防御の姿勢をとると相手から距離を詰めてきたとしても離れてしまいますよね。それに申し訳なくなったりして辛いとも感じます。

強制されるとき

断り辛い性格をしているのでお願いされると断れません。勇気を出して断ったとしても押されると弱いです。強制しているわけではないのかも知れませんが、辛いと感じさせるには十分です。

長時間の拘束

単純に疲弊してしまいます。精神的に辛いと感じます。それでも付き合わなければならないというのですから、これが辛いと言わずしてなんと言うでしょう。

相手に興味がない

完全に大人の付き合いですね。営業的なお付き合いになります。興味がないとはいえ、無下には出来ず合わせることもあります。興味のないことをするというのは虚しいものです。

居心地が悪い

別に喧嘩をしているわけではないけれど、ウマが合わずに仲良くもなれず牽制し合っている状態で何が楽しいのでしょうか。ちっとも愉快ではありませんね。

人付き合いの形は人それぞれ

私はどうにも苦手です。友達がたくさんいるタイプではなく、どちらかといえば数人と深い関係になることが多いです。自分のキャパシティを越えない範囲で、なおかつ辛いと感じない範囲で付き合っていければと思います。もちろん内向的な面ではこういう形ですが、外向的な一面も持ち合わせています。積極的にアタックはしていくけれど、深くは入り込みません。そして逆に入り込んでくることは拒む人間です。それこそ上であげたような人付き合いが辛い状態になってしまうでしょうから。