s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

カラオケで上達したい!秘訣と練習方法は?

カラオケはいくつになっても職場の付き合いなどで連れ出されます。その度に歌わない、歌えないのでは辛いですね。少しでも上達する為の方法をご紹介します。

一曲をアカペラで歌えるほど覚える

まずいくつも曲を覚えようとせず、一つに絞りましょう。ボイトレをする上でもこれは課題曲と呼ばれ、集中的に覚えて歌います。とても細かいところまで覚えこませるように繰り返し練習させられます。

勝負曲を一つでも持っていると自信になりますし、同じ曲を歌うことで曲ごとに変わる声の微妙な出し方も一定に保たれて効率が良いです。

歌詞を徹底的に覚える

別のことをしながらでも歌えるくらいしっかりと暗記しましょう。歌詞がうろ覚えであったりカラオケの画面を見つめたまま歌うというのはリズムが崩れる原因となります。次どういう歌詞が来るかを把握していれば感情の込め方も変わってくるのです。プロじゃないからとそこまでする方はあまりいませんが、歌をよく歌う人が上手くなるのは曲や歌詞の記憶によるところも大きいのです。

楽器をよく聞く

カラオケ音源に馴染みが深いとどうにも生の音とは無縁になります。ちなみに私はカラオケ音源がとても歌いにくく感じます。普段から楽器を意識して聞いてるとこの現象が起きやすくなります。明らかに電子音であり、楽器っぽくありません。リズムもあっているし、コードもあっています。それでもタイミングがジャストで作られている曲はノリづらく、音も合わせづらいのです。全体的に薄い印象を受けて、耳が慣れるまでは上手く歌うことができません。

カラオケ音源が歌いやすいという方は意外とバックミュージックを聞けていないかも知れません。私も昔はめちゃくちゃ歌いやすいと思っていた人間です。

音程よりもリズム

多少外れてもリズムさえあっていれば上手く聴かせられます。あまり上手じゃないけれどこの人の歌はなんだか好きという人はいませんか?その人の持つ独特のリズム感がそう思わせます。もっと言えばプロは意図的に外したりするのですが、これが音楽的な心地よさを生み出す秘密で、その人の個性になります。楽器の経験がない方ほど音程を合わせにいきがちです。

楽しく歌う

難しい顔して歌う人の声はあまり聞きたくありません。楽しく歌っているだけでこちらも元気をもらえます。それこそノリだけで乗り切るというのもアリではないでしょうか?自分が思うより、他人は興味をもって聞いていません。今よりもっと楽しく歌いましょう。

過度な練習は禁物

練習頻度が高いと歌うたびに違和感を覚えます。ちょっとした違和感に気付きやすくなるのです。その違和感を解消しようと変な方向へ進んでしまうこともあります。変に力が入ってしまったり、前はこうじゃなかったと歌い方まで変えることがあるのです。適度な練習を何より心がけてください。

耳を育てる

上手くなりたいならまずは分析です。何が上手く聞こえて、どういう声がいいのかわからなければ方向が定まりません。これがわかってくるようになれば上達は非常に早くなります。最初から上手い人は上手い人の歌声しか聴いていません。自分と違うところを分析して近づけていくというのが最も効率的な歌の練習方法です。その歌い方をする為により歌いやすい方法を模索するのです。

自分の音域にキーを合わせる。

なぜか原曲に拘る人が居ますが、歌が上手くなりたいと思うのであればキーの変更が出来ないのはどうでしょう?相対音感がないと露呈するようなものです。さらに上達を妨げ、とんでもない遠回りをすることになります。ここに気付けるか気づけないかで上達速度が大きく変わります。

楽器でさえ得意な音域が限られているのに、まして人間なんて・・・考えるまでもありませんね。

おわりに

カラオケは楽しいものです。ただ人前で歌うのが苦手という方もいらっしゃいます。それでも歌わなきゃいけないのだから大人の付き合いというのは嫌ですね。ささっと帰ってしまえれば良いのですが、そうもいきません。

私はなぜ歌を歌い始めたかと言えば今後も避けられないのならば自ら立ち向かおうとした結果です。何も肩肘張って上手く歌う必要はありません。卒なく歌える程度で良いのです。簡単で有名な曲をいくつか歌えるようになればカラオケも悪くないと思えるようになります。