s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

MHWで最強の武器種は「弓」

遠距離武器ってズルいですよね。

MHWは弓に変えた途端、ゲームバランスが崩壊する

なんでしょうね。近接で頑張っているのがアホらしくなるくらい強いです。一度に3発撃ちますからね。どう考えてもダメージ効率は高いに決まっています。効率を求めたら面白く無くなります。弓は正直に言って面白くないです。一方的な攻撃と単純作業の連続。無心になってプレイするなら良いかも知れませんが、ゲーム性があるのかと問われれば微妙なところです。

弓は舐めプを加速させる

ただでさえ緊急回避を必要としなくなったMHWにおいて、しっかり見てかわし、しっかり見て撃てばまず倒されることはありません。余裕が出来て攻撃が増えてくるとタコ殴り状態です。遠距離ということもあり、冷静にモンスターの行動を観察出来ます。私は見極めたいモンスターがいる場合はまず弓で行くようにしています。

全ての動きがわかって大したことないと感じ始め、パターン化した後に攻撃が当たるようになってくればもう負けようがないのです。

弓でMHWが上手くなれるのか?

微妙なところです。攻撃パターンは読めるようになりますが、実際に近接で戦うとなれば立ち回りも一変します。弓を使っているとどうしても作業感が否めず、近接で戦っている時より充足感が少なめです。倒したという感覚がなく、撃ってたら終わるので「あ、もう終わり?」くらいの感想しか出てきません。

プレイヤーをダメにする武器代表ではないでしょうか。

弓は余計なことを考えなくていい

操虫棍が好きで使います。ロマンを求めてスラアクを使います。ガチャガチャ動くチャアクは童心をくすぐります。でもやっぱり大剣やハンマーのような高火力武器も捨てがたい。双剣のように攻撃一辺倒な戦闘スタイルは憧れます。

接近武器は攻撃方法が様々でチャアクなどは非常にややこしい。シンプルに叩ける大剣やハンマーはそのシンプルさ故に極めたくなります。そして何もかもかなぐり捨てて射ることと回避だけに集中するのが弓という武器です。同じガンナー武器であるボウガンのように弾の管理に気を使うこともありません。

近接から弓に変えて砥石が必要なくなることのアドバンテージ

ガンナーの一番のアドバンテージは砥石の必要がないという面です。モンスターが逃げたらすぐに追うことが可能です。殆ど回避しているので状態異常もなければ体力の回復も必要ありません。まして砥石なんて使うはずもありません。マルチプレイであれば誰よりも早くすぐに戦闘を再開できます。応援が来れば安全圏から射り続けることが可能です。

弓を使っていたら絶対に上手くなれない

強くて当たり前で、勝てて当たり前の武器です。むしろ一乙でもしたら恥ずかしいでしょう。それくらいゲーム性をイージーにする武器です。弓使いでいる限り、近接戦闘のプレイヤースキルは身につきませんし、もしかしたらモンスターハンターの本質さえ味わえないかも知れません。弓を使うならMHWは別ゲーと言ってもいいでしょう。

属性攻撃の強さは双剣並み

流石に双剣と比べるのはおこがましいかも知れませんが、一度に3発当てられるというのは属性攻撃に持ってこいの仕様です。そして付与されている属性の攻撃力もまた強いのですから、モンスターの弱点に弓を特化させれば最短でクリアが可能です。イベントのキリン二頭討伐に40分掛かっていた私が属性武器の弓に持ち替えただけで15分まで短縮されました。とんでもなく強いです。

おわりに

弓が好きでmhp2gの頃から愛用していますが、MHWは封印しようかなと考えるレベルでチート武器です。いつか絶対に補正が入ると思います。このまま使い続けるのは躊躇うほど甘美で魅力的な武器です。