s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

声帯のトレーニングだけはやめておけ!

歌において声帯を意識することはロクなことになりません。世の中には声帯を鍛えるだとか眉唾な記事が多すぎます。

声帯付近の筋肉について

まず声帯を鍛えるという言葉に違和感があります。声帯は鍛えられません。鍛えるとすれば自称ボイストレーナーさんたちが使いたがる「輪状甲状筋」などの周辺にある筋肉帯でしょう。それでも鍛えるという行為自体が危険な気はしますが。

柔軟な動きを得る為に意識的に動かす程度で鍛える必要はありません。訓練程度の意味合いで捉えておき、力を入れて筋トレのようにするのは間違いです。まず喉声を避けて通れないでしょう。

結論から言いますが歌で「声帯」というか「喉」を意識することはありません。過去に色々書いてますので参考にどうぞ。

www.s13y.com

声帯を閉じたり開いたりするのは何か?

「空気の流れ」です。この空気の流れが早いとグロウルっぽくなります。声とは別に歪みが混じり、とてもカッコいい声になるのですが日本人ではあまり聴こえて来ません。空気の流れを早くすることで声帯同士が近づき高音が「鳴る」ようになり、遅くすることで低音が「鳴る」ようになります。この「鳴る」という感覚が大切で「出す」とは根本から違います。

声帯は鳴らすもの

響かせようとしてはいけません。勝手に鳴るものです。空気の流れを早くする為に太鼓のような打楽器の要素が混じり、腹式呼吸が嫌でも必要になるのです。コツを掴めばどこまででも高い声が出る感覚になります。歌として安定させるにはとんでもない体力を必要とします。

本気で息切れすることがあるか?

ある意味で「息を止めながら出す」という感覚もあいまって歌っているうちは平気ですが歌うことをやめた途端に息が荒くなります。お腹で支えてお腹で歌うという感覚は胸式で喋る日本語と相性が合わず、歌った後に喋ろうとすれば息切れを起こします。はあはあとだらし無く、持久力をつける為にマラソンをしようかなと本気で考えるほどみっともなく息切れが襲うのです。そんな経験をしていますか?

歌は意外と体力を使うのです。楽に歌っているようではいつまでも上手くなれませんし、楽に歌えているということは喉周辺の筋肉に頼っていて身体で歌えていないのかも知れません。喉を細くして空気の量を少なく出す歌い方ではイコールで喉絞めになります。

声帯を鍛えるというとんでもない誤解

目に見えて違いを体験させるために用意されたメニューです。お手軽に高い声が出せている感を味あわせる為の常套手段といえます。普段の声から声帯を閉じるという実質「喉締め」のような行為を促せば確かに見てくれは高くなるでしょう。

それが歌で使える声かどうかはさておき、ボイストレーナーにとっての仕事は全うしています。

声を出す側にとって今まで声帯を閉じるという経験がなければ気づきや発見となり、ボイトレする前の自分とは違う自分に出会うことで成長を感じるのでしょう。ここに将来性は全くありません。後々を考えるのであれば最初から声帯のトレーニングなんかせず、音楽についてきっちり学ぶことです。歌とは何か?ボーカルとは何か?音楽の耳を育て、素養をつけるのです。

それに関しては以下の記事で書いたような気がしますので、物足りない方は合わせてお読み下さい。

www.s13y.com