s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

minecraftのサーバー運営が楽しい理由

私は現在Minecraftのサーバーを運営しています。数十人程度の小規模から数百人程度の中規模サーバーまで様々な経験を積み、

色々な人と出会える

多種多様、様々な年代の人と出会えます。とはいえ老若男女問わず、色々な方と出会いますのでメンバーを纏める場合はそれなりのコミュニケーション能力が必要になります。 この出会い自体が楽しと思える人であればそれだけで続くでしょう。私は人との出会いが楽しくてやっている節があります。

移ろいゆく全てを見守る

長い間、運営していると人がガラッと入れ替わることもあります。時に寂しく、時に楽しい日々も次の節目にはどうなっているかがわかりません。

見守るというのは並大抵の精神力では務まらないかもしれません。落ち目の時は必ずあります。逆に調子の良いときは人がたくさん集まります。そういうものなのです。それでもサーバー運営を続けた人にしか見えない景色は必ずあります。

強いコミュニケーション能力が身に付く

グループを作っていれば本当に沢山の人と会話を交わすことになります。自分が一番上に立ち、メンバーを引っ張るというのは並大抵のコミュニケーション能力では足りません。

さらに人望も必要になります。私にはありません。ですのでリーダー格となる人を推薦してその方にお任せしたりすることもあります。

それでもサーバーを運営する者にしか務まらないことがあります。

サーバー運営は雑用の連続

トラブルだとかが起きて解決するのに追われることもあります。人を集めるのもサーバーを管理するのも運営者に求められるスキルで、どれが欠けても上手く行きません。正直ゲームをする余裕はなく、企画立案などもまかせっきりで舞台作りが仕事のようなものです。

陰の立役者となり、リーダー格の人たちを推進していくのがサーバーを回すコツです。こういうサポートが好きな人であれば運営というものは実に甘美な響きとなり、唯一無二の趣味となるでしょう。

トラブルもまた一興

どうしても人が多くなれば衝突は起こりますし、本当に何気ない事でも当人たちの虫の居所が悪ければそれが引き金になったりすることもあります。

あくまで第三者として冷静に、喧嘩両成敗としてバッサリ切り捨てることはせず真剣に向き合う必要があります。楽しいと言えば不謹慎ですが、プレイしている人同士が仲良くなった証拠でもあり、今後さらに結束が高まるイベントみたいなものと捉えれると楽になるかも知れません。

おわりに

運営側は地味です。地味な割に仕事量が多く、そのゲームがやりたいという気持ちの延長で始めるのはお勧めしません。ゲームがやりたいだけなら他の人のサーバーへ行くことをお勧めします。

私はどうも人を集めることに全てを費やしがちで、ゲームは二の次となっています。元々サーバー運営がしたくてMinecraftというゲームを買っただけですので、これも一つの楽しみ方としてありなのではないかと考えています。

Minecraftはゲームの中にゲームを作るようなものですから、サーバー運営もその一つと言えるのではないでしょうか。