s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

カラオケで音痴の人が練習して上手くなる方法はあるのか???

結論から言います。絶対に上手くなります。そしてその方法について書いていきます。ぜひ参考にして下さい。

楽曲のキーを合わせる

原曲で歌っているうちは上達が難しいです。十人十色、それぞれ自分に合うキーがあります。キーの概念で言えばプラス側とマイナス側を合わせて12個あります。十人十色どころではありませんね。

自分の声が一番魅力的に聴こえるキーを見つけるのはめちゃくちゃ難しいです。歌いやすいとか歌いづらいとかで選ぶのもいいですし、曲によっては合う合わないの感覚的な選択でもいいでしょう。歌い易いのであれば選択も分かりやすいですが、合う合わないの話となれば誰かに聴いてもらうのが一番でしょう。もちろん音楽に精通した人が周りに居なければ自分から学んでいくしかありません。

この楽曲のキーを見極めるために何が必要か?

上手い人の歌を聴いて分析、モノマネをする

モノマネしている人たちは「個性がない」だとかで否定されがちですが、発声に関してはずば抜けています。そして耳が良くなければ真似は出来ません。音が聞こえる聞こえないの話ではなく音楽的な耳かどうか?ですのでこの辺りがピンと来てないと難しいです。たくさんの音楽に触れ、いろいろな人の歌を聴いて経験や分析の裏付けから音楽的な耳を習得する必要があります。

その上で自分の声に合う音楽と出会い、自分の声に近いボーカルを見つけると急激に歌が変化します。誰とも被らないという場合は発声が違う可能性があります。突き詰めて言えば誰が聴いても上手い人の声って皆似たようなものです。声質だとか以前に上手い人はやっぱり上手いですよね。究極的なところで発声方法が同じになるので似通うのは当然です。

意外と出来ていないと思うのがコピーすることです。音楽はコピーが当たり前です。楽器を弾くときもそうですし、音楽を作る時もそうです。ここに抵抗や誤解があると上達の妨げとなってしまうでしょう。楽器はコピーするけど歌い方を本気でコピーする方は少ないように思います。

上手い下手は音域の概念ではない

高い声が出る=上手いと思う方は非常に多いです。誰もがぶつかる壁です。これを乗り越えた方を尊敬するのは当然で、目標にするのも頷けます。それでも高いから上手いわけではなく、発声がしっかりしているから上手く感じて発声がしっかりしているから高い声が出るのです。

高音に拘るのはやめましょう。ステップを踏み、毎日徐々に上手くなっていくものです。2,3日でお手軽に上手くなる方法などありません。

なぜ上手いのか?を分析できるようになれば自分の歌に取り入れて使うことも出来ます。曲を覚えて歌うように、上手い歌い方を覚えて取り入れていくのです。

何が苦手かを把握する

例えば音域であったり音程であったりリズムであったりと様々です。高低の振り幅はキーを変えても変わりません。ですので音域が出ない曲は避け、音域の狭い曲で練習しましょう。

また、某カラオケ番組の影響から音程が重要視される傾向にありますが、上手く聴かせる為に実はリズム感が一番重要です。リズムは誰でも持っています。例えば歩くスピードが速くなったり遅くなったりする人は居ませんね。ということは誰もが自分のリズムを持って歩行するわけです。

これが歌となるとどうしてズレるのでしょう。他の要素に気を奪われすぎているからです。例えば自分の歌声だけをモニターで聴いているとバックミュージックが聴けなくなり、そうなればリズムが外れる原因ともなります。

あなたの原因がなんなのか?しっかり録音して聴いてみましょう。

おわりに

これだけ意識できていれば練習して上手くなるまでの振り幅が狭くなります。ただ漠然と歌って上手くなるほど甘くはありません。ボイストレーニングも大切ですが、何よりも分析が一番です。そしてそれを真似して、できない足りないというのであればボイストレーニングを検討するべきでしょう。

まずは出来そうな項目からイメージを持って取り組むべきです。