s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌で発声を意識しているうちは上手くなれないって本当???

結論から言えば事実であり、発声以外にも歌う時に意識しなければならない部分が山のようにあります。初心者の方は発声ばかりに捉われ、やがて発声が整った段階には大きな壁が待ち受けます。ずっと歌を続けてきたはずなのに、自分の技術力の無さにガッカリすることでしょう。僕がそうでした。

音楽はリズムが全て

リズムが外れると調子が狂います。ぶっちゃけ音程を外したかどうかはコード感のない方には分かりづらいです。つまり音楽に精通している人でなければ違和感に気づくことは難しいでしょう。

もっと音楽的な話で言えば、判断が難しい理由にスケールの概念があり、コードの構成音も関係します。主題と違うので詳しくは書きませんが、そういうものなのです。よっぽどトンチンカンな外し方をしない限りやっぱりわからないものです。

僕が初心者さんの歌を聴いて思うのは、とにかくリズム音痴の方が多すぎると思っています。発声に気を取られ、音程に気を取られ、何もかもが遅れているからリズムも合わない。はっきり言って最悪です。これさえ意識して合わせる力を養っておけば発声が整うにつれ、より合わせやすくなりますので異常な速さで上達することでしょう。ただ、歌が好きで歌っているという程度のレベルであれば気づくのに遅れ、何年も同じような歌い方しかできません。

歌で使う発声とはなにか?

歌は結局、話声の延長だと思うのです。話声が良い人は棒読みで歌ってもそれだけでうまい気がしませんか?つまり喋り声から鍛えていくべきで、歌の時だけ歌の声を鍛えるというのは違和感があります。確かに地声と歌声は違います。それでも鳴らしているのは声帯ですよ。喋り声で出ない声が歌声で出るとは思えません。

ボイトレでは「歌詞を朗読するように読みなさい」というような練習があります。とても良い練習方法だと思っています。歌は想いを伝える「手段」でしかないのです。あなたが楽しく歌えればそれで良いのかも知れませんが、やっぱり聴いている人たちはあなたの声に集中しているのです。伝えるべきでしょう。少なくとも上手くなりたいなら伝える気持ちを大切にしてほしいなと思います。

朗読して、リズムをつけ、音程をつけたらもうそれは歌です。時に激しく、時に儚く。喋り声では言えないことも音楽に乗せれば伝えられてしまうものです。それが音楽の楽しさであり、真髄です。

とにかく楽しく歌うこと

発声を意識したり、リズムを意識したり、バックミュージックを聴いたり歌ってる最中はやることが多すぎます。だからといって難しい顔で歌っているのを聴くのは嫌です。下手でも楽しく歌っている人が好きです。

歌うたびに言い訳したり、歌う前からあれこれ聞いてもいない事情を説明されても「どう聴くのが正解?」と考えて、歌っている最中から歌い終わった後のフォローでこっちも忙しくなります。歌うこと、ちゃんと楽しめていますか?

おわりに

中途半端にうまい人の歌を聴くくらいなら最初から下手な人の歌を聴いた方がマシです。変にボイトレを齧っていると理屈っぽくて好きじゃありません。音を楽しむからこそ音楽で、楽しめないならただの音です。それって、ノイズと同じですよ。人にノイズを聴かせているんです。あなただけの発声で、声で、楽しい音を奏でてください。身体は唯一無二の特別な楽器です。上手に演奏できるようになりますよ。