s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

カラオケで声が枯れる?!その感覚が懐かしくなるほど声帯を強くする方法!

さて、強気なタイトルを付けました。声が枯れるなんてここ数年経験していません。声が枯れる前に体力が限界を迎えるからでしょうか?普通に歌ってて枯れることはまずないのです。ノンストップで2時間歌い続け、休憩を挟んだ時点で身体が音を上げます。8時間くらいオールでちょびちょび歌っても身体が音を上げます。歳でしょうか・・・

カラオケで声が枯れる原因

まず息を多く吐こうとしてはいけません。絶対にやめて下さい。息を多く吐いていると思ったら発声が間違っています。びっくりするほど少ない息の量でも歌は歌えるのです。そして驚くほど大きな声も出るのです。

更に初心者の頃にありがちな「喉締め」でしょう。真っ先に枯れる理由として持ってこようと思いましたが、これは鍛え方次第では枯れなかったりします。明らかにハイラリで喉が締まっているはずなのに枯れない人も居るのですから不思議ですね。

恐らく締めて声を出すので息の量が少なく、声帯も乾きにくいのでしょう。喉枯れの一番の原因は乾きです。

息が多すぎるとなぜ枯れるのか?

息が多すぎると声帯が乾きます。声帯を覆っている粘膜の耐久力がガンガン減っていきます。そして声帯が必要以上に震え、疲労が蓄積します。

やがて声帯の閉じが甘くなるのですが、これが歌いにくさの原因になります。思ったより声が出ない、調子が悪いという風になってきます。

そしてもっと締めようと頑張り、もっと震わせようと息を増やせばもう最悪です。歌った後、変な声になりませんか?これが枯れている状態です。

喉締めは悪じゃない

こなれてくれば喉締めも悪いものではありません。それが良いという方もいらっしゃいます。何がダメかと言えば「強過ぎる喉締め」です。あまりにも締めすぎると声帯が近づきすぎて過度な振動により摩耗します。これも声枯れの原因となるのです。

ただ、この力加減をわかっている喉締めさんは強い喉を持っています。逆に腹式呼吸だとか声帯閉鎖だとか発声のしっかりしている方よりも持久力があり、延々と歌い続けられます。自分もそうでしたので経験済みです。

歌の上手い友人などはバテるのが早く、仲間内で行くような長時間のカラオケは楽しくなさそうでした。ガンガン騒いで歌って賑やかすというより、合間合間にぼちぼち歌うというスタイルです。もちろん個人差はあるでしょうけれど、本気で歌うって楽じゃないんだなって思いました。

声帯を強くするには???

長くなりましたが本題です。声帯を、喉を強くするには歌って歌って歌いまくるしかありません。

は?と思われたでしょうか。好きな曲を歌っているだけでは歌は上手くなりません。ボイストレーニングが必要です。逆に喉を強くしたり声帯を鍛えるなら歌うだけのトレーニングも必要です。時に全てを忘れてがむしゃらに歌うのもありでしょう。ただし、変な癖をつけないように。

歌って歌って少しずつ声帯の活動時間を長めるのです。これはどんなトレーニングよりも実践的で最も効果がある方法です。デメリットとして、歌わなくなったら急激に衰えを感じることでしょうか。どんなことにも言えるのですが、辞めてしまえばガツンと落ちます。まさに鍛えていたという感じで、衰えを感じられるでしょう。

おわりに

ボイストレーニングもいいですが、歌う楽しさを忘れていませんか?ボイストレーニングをすることで逆に喉が枯れるようになった方も居ると思います。変な癖がついてよかった頃の自分を忘れてしまったりしていませんか?

たまには何も考えず、ただがむしゃらに歌うというのも悪くないと思いますよ。