s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ボイトレ初心者は課題となる曲を決めて練習しよう!

皆さんは課題曲を決めてボイストレーニングをしていますか?もし適当に決めて歌っていると上達速度に影響が出ますよ!

ボイトレ用の曲を決める

課題曲を決める時に大切なのは「歌いやすさ」です。ある程度色々な曲を歌っていることが前提になりますが、歌いやすい曲はありませんか?「この曲はなんだか歌いやすいんだよな」と思える曲があればしめたものです。

これが見つかっているかいないかで曲選びの難易度は変わるでしょう。もし見つかっているのであれば迷わずその曲を選んでください。見つからない方はたくさんの曲に触れ、歌うことをお勧めします。

難しいことがよくわからない段階で「どうして歌いやすいのか?」について説いても意味がありません。音楽は「感覚」が大切です。自分が持っている感覚を大切にしましょう。

課題曲があるメリット

最大のメリットは「一定であること」です。何が一定か?当然ですが音程やリズムは曲によってバラバラですね。これが常に一定で練習できるというのは大きなメリットがあります。さらに自分の歌いやすい曲であれば音域までわかります。どこからが出にくいか?どこまでが出し易いか?特に出し易い音程はどこか?

注意点として、同じ楽曲とはいえキーをコロコロ変えるのはやめましょう。最初の段階で決めてしまったらずっとそのキーで練習してください。

曲をしっかり覚えられる

それこそ何度も歌っていれば歌詞なんか見なくても歌えるようになります。人間は同時にいくつものことを並行処理できるようにはなっていません。

歌詞を見て、バックミュージックを聞き、ドラムに合わせて歌を入れる・・・細かいテクニックも気を配りたいし、音程も合わせなきゃならないと。

曲をしっかり覚えて無意識下でも、何か別のことをやりながらでも歌えるようになりましょう。課題曲を決めて練習すると嫌でも覚えます。覚えてくると細かいところまで気を配れるようになり、慣れてくれば多少遊ばせることも可能になります。

アレンジやフェイクなどは何百回と歌った先で手に入れられる技術と知識です。一曲を絞り込み、練習するというのがどれだけ大切か・・・初心者のうちはただ楽しくて歌うという方も多いので中々気づく人は居ません。

ボイトレをする上で当たり前なことですが、見落としがちです。

課題曲で練習するデメリット

何度も同じ歌を歌っていると飽きてきます。それこそフェイクやアレンジを入れないと慣れ過ぎて下手に聞こえる現象にさえ陥るでしょう。こうなってくると「上手く歌おう」という意思が働き、泥沼にはまります。

初めて聞いて歌う曲の方が上手く聞こえるようになったらいよいよ耳が慣れ過ぎてしまっているのかも知れません。そうなった場合は次の課題曲に取り掛かる時期かも知れません。

また、曲によっては変な癖がつくこともあります。課題曲なので難しい選曲はしないだろうという前提で書いていますが、中には難易度の高い曲が歌いやすくて、その曲が持つ癖が染みついてしまうこともありえます。癖は歌うジャンルにも影響されやすいですね。

おわりに

僕は課題曲を決めて本格的に練習を始め、何度も同じ曲を歌い録音しました。録音では自分の歌をどれだけ冷静に、そして客観的に聴けているかが重要です。

同じ曲で同じ声で同じ歌い方で繰り返し聞いていると細かい違いに気づきやすくなります。細かい違いに気づけるようになって、次はどういう風に歌おうかを考え、実行してまた録音して聴いてみます。

この繰り返しが上達の何よりの肝となるでしょう。課題曲選びの根幹はここにあります。