s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

発声のトレーニングは大きな声でやらない方がいい

皆さんはどこで発声練習をしていますか?発声のトレーニングでどれくらいの声量を出しているでしょうか???僕は発声練習をするとき、あまり声を出さないように気を付けています。それはなぜか???大きな声で練習しても歌に使えないからです。

よくある勘違い=大きな声で

初心者が勘違いし易い「大きな声」という概念は人によって違います。普段から小さい声で話す人、大きな声で話す人、極端に言えば二種類の人間がいます。その中で「大きな声」と言われても具体的な数値がないのでわかるわけがありません。

出来るだけ大きな声を出さないようにする

逆に大きな声を出そうとせず、歌で使えるかどうかを考えながら練習し、そして録音をしながら確認をしてみましょう。マイクを使って歌う以上、そこまで声量がいらないことに気づきます。この見極めが難しいのですが、大きな声を出さなくていいと言われると程よく脱力が出来るので上手く歌えたりします。上手く歌える実感が湧けば話が早いのですが、普段から力を入れて大きな声を出そうしているなら気づきにくいと思います。

大きな声=害

高音を出したいと思ったら必ずと言っていいほど「脱力」という言葉が出ます。これは大きな声を出そうとしていれば相当に難しいお話です。大きな声は意識せずとも声帯がきっちり締まっていれば息が全て音に変換されて、びっくりするほど少ない息の量で大きな声が出ます。この感覚があれば大きな声を出そうとは思いもしないはずです。既に大きいのですから。

そして少ない息の量で大きな声が出せるなら脱力も出来ているとおもって間違いありません。力を入れて喉が締まっているとそれだけ響く場所がなくなり、大きな声は出ません。喉が開いているからこそ高い声が楽に出て、大きな共鳴も得られるのです。

具体的な練習方法

「出来るだけ小さい声で歌う」を意識しましょう。この意識がない限り、練習にもなりませんし、気づくものにも気づけません。まず自分で考えてやってみることが大切です。

最初はとても難しいのですが、気持ちを新たにこういうものだという意識でやってみて下さい。僕は半年くらい掛かりました。皆さんはもっと早く出来るようになると信じています。

正直、眉唾なミックスボイス練習法よりこの意識一つで丸っきり変わると思っています。自分の歌い方が大きく変わったのがこの意識でした。

おわりに

歌って意識一つで大きく変わると思っています。実際に変わりました。恐らく筋肉の動かし方ではなく、意識で筋肉の動き方が変わるからだと思います。時に絶大な効果を生みますが、意識を考え始めると迷宮に入り込む可能性もあります。たまには何考えず歌う期間を設け、たまに集中して練習してみるという形で取り組んでみるのがちょうどいいと思います。