s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

カラオケの練習だけで歌はうまくなれない

もしも歌を歌うだけで「いつか上手くなれる」と思っていたら「絶対になれない」ので今すぐ意識を変えていきましょう。歌が上手くなりたいなら練習するしかありません。歌っているだけで上手くなれるほど甘いものではないのです。

カラオケの練習とは?

よく「カラオケの練習をする」と言いますがそれは点数稼ぎの練習でしょうか?カラオケゲームのお話でしたらこの記事はあなたに合いません。

カラオケの点数=上手さ

勘違いが最も多いカラオケの点数=歌の上手さという図式。これは合っていますし、間違っているとも言えます。歌が上手くなりたい上で最低限、点数を取るのは当たり前です。音程を視覚的に把握できるという機能を上手に使えば自分のダメなところが把握できます。

ただ、それだけではダメということに気づかなくてはならないのです。

音楽って何ですか?上手いと感じる条件は?ひたすら考え、録音して自分の表現を追求して研究していくことがなんだかんだで一番上達します。脳死状態で歌っても仕方がないのです。

点数に縛られるのはやめよう

ロクなものじゃありません。曲によってメロディやサビでの配点が変わりますし、いくら100点といえど「誰かに聴かせて上手」と言われなければ意味がありません。歌を聴かせたいのが採点マシンであるというのなら止めはしません。

カラオケは上手く聴こえるようになっている

部屋の響きが凄いですよね。あれだけでお風呂で歌っているようなものです。デフォルトでリバーブがバシャバシャな空間だと思っています。

どうなるのか?と言えば粗が一向に見えず、直すべき部分が聴こえてこない、見えてこないことになります。

更にマイクを使って歌ったりするのであればコンプレッサーやエコー、イコライザなどあれやこれと声が加工されてスピーカーから出力されます。

小さく歌っても大きく、大きく歌っても小さく調整されるだけでどれほど歌い易くなるか。カラオケばかりしている人はマイキングが下手ですね。

ただでさえ響く空間にエコーですか?それ、聞こえてるのは本当の歌声ですか?反響して増強して倍音が重なったものが果たして自分の声だと胸を張って言えるのでしょうか。

イコライザできっちり調整されて出るのでカラオケ音源との馴染みもよく、音源自体が電子音です。壁の反響と合わせればもうどうやって歌ったって上手く歌えますよ。

カラオケで練習するのをやめる

最終的にはこれしかありません。別に体育会系で気合いだ!というつもりはありませんが、そんな生ぬるい温室で上手くなれるほど甘くはないのです。

家で練習できなければスタジオで練習しましょう。

デッドな空間で歌ってみて下さい。歌は己の歌声に絶望するところから始まりです。そこから這い上がる人だけが上手くなってゆくのです。

おわりに

ところで皆さんはどこで練習をされているのでしょう。自分は防音室がありますので家で練習が可能ですが、練習する度にカラオケに行く方はいらっしゃるのでしょうか?どちらかと言えば歌いに行くという人が大半ではないかと思います。

次はちょっと練習しに行きませんか?