s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

音痴を直すために大切な5つのこと!

今でこそ「音痴」とは言われなくなったものの、昔は明確に「音痴だ」と蔑まれていました。友人曰く「癖が強過ぎ」とのことでした。色々言われはしたものの、なんだかんだで趣味として歌い続けて徐々に改善していきました。実際に音痴を直す為にやったことをご紹介したいと思います。

歌を録音する

まずやらなきゃならないのは「歌を録音すること」です。必ずやらなくてはならない最低限のことでしょう。録音がなければ上手くなる歌も上手くなりません。自分の歌を客観的に聴き、評価する耳を育てなければなりません。そして客観的に聴いた上で修正していく能力が求められます。

録音をして練習しない人の歌は本当に癖が強く「人に聴かせる前に一回でも聴いたことあるのだろうか?」と感じてしまいます。というのも自分も昔はそうであったからなのです。

曲を覚える

意外と疎かになりがちなのが「曲を覚える」ということです。メロディと歌詞だけなぞるように歌っていませんか?ここをきちんと覚えて歌っているか歌っていないかで天と地ほどの差があります。メロディだけ覚えて歌詞は曖昧、もしくは見ながら歌っているのは言語道断です。

歌詞を丸暗記する

一度だけ歌詞丸暗記して歌ってみて下さい。めちゃくちゃ歌い易くなるはずですよ。歌詞に割くリソースを曲を聴くことに集中するのです。タイミングだとか音程がかなり掴みやすく、リズム感が向上します。そしてリズム感が掴めればリズムの練習が出来ます。意外とリズム音痴の方が多いのでまず負担を減らすために歌詞を丸暗記して下さい。

曲をしっかり聴く

曲を覚え、歌詞を覚え、その次は曲をしっかり聴きましょう。最低限でドラム、ベース、ギターなどの軽音楽器は聴き分けられるようになってください。

余裕をもってバックミュージックが聴けるようになったら練習がとんでもなく捗ります。ただ闇雲に歌っているのとしっかり覚えてしっかり意識して歌う。どっちが効果的だと思いますか?

ボイストレーニングはほどほどに

あまりボイトレに固執するのはよくありません。特に右も左もわからないうちに手を出すと泥沼にハマる可能性が高いです。例えば誰かに教わる場合は初心者ゆえ、教えてくれる人に引っ張られたりすることもあります。これでは個性が消えかねません。

そして独学でやる場合は変な癖をつけないようにと言っても無理でしょう。まずはボイトレを意識せず楽しく歌うことを目指してください。

おわりに

音痴は必ず直ります。上達は数ヶ月で見ないで数年単位で見るような気の長い気持ちでいましょう。

歌は楽しく歌うことが大切です。