s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ボイトレの効果は分かり辛い

ボイトレの効果を実感できるのは最初の頃だけだと思います。何ヶ月、何年も続けていると最終的に殆ど変わっていないような気がして嫌になってしまうこともあるでしょう。そんな時にお勧めの方法をご紹介します。

ボイトレ時は必ず録音をしておく

ボイストレーニングの風景や実際に歌った記録は日毎に分けて保存しておくのがいいでしょう。安定してきて成長が分かり辛い、効果が出ていないのでは?と感じた時に数か月前の音源を聴くと「あ、全然違う」ということに気づけます。

これを録音もなし、何の根拠も得られない状態でやってしまうと地獄です。何のためのボイトレか?一度見つめ直して練習に取り組むというのも大切になります。

分かり辛いが効果は確実に出ている

ボイトレの効果がなぜ分かり辛いのかと言えば「慣れ」です。特に毎日ちょこちょこ練習を重ねるタイプの方ですとより分かり辛い状況に陥ることがあります。

例えば家で歌える環境がある方は要注意です。マンネリしてしまったときから成長が止まり、練習にも身が入らなくなるでしょう。自分がそうでした。ただ好きなように歌っているだけで、自分は練習していると思っていたのですからおめでたいですね。

ボイトレは鍛錬

歌以外にも言えますが、日々の積み重ねが大切になります。毎日毎日同じことをしていれば飽きて当然です。それを如何に潜り抜けていくかが練習の肝です。

小さな小さな目標を定める

目標がない練習ほど虚しいものはありません。どんなに小さな目標でもいいので必ず設定しましょう。声の出し方一つとっても細く、太く、鋭く、柔くなど色々な出し方があります。どんな目標であれ、一つに絞って練習していくのが最も効率的で一番分かり易い方法だと思います。

おわりに

ボイトレの効果は分かり辛いですが、第三者目線で聴いてるとほんの小さな違いにも気づけるようになります。耳を育てることも兼ねつつボイトレをすることを心掛けるとより有効的です。