s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

dtmで作曲する際に作曲の勉強は必ずしも必要ではない

音楽理論を学んでいらっしゃる方はどれくらい居るのでしょうか?作曲を続ける上で「詰まったな」と思ったときに音楽理論を学んだり、自分の作った曲を分析する際に音楽理論を用いるということはあっても最初から理論に沿って曲を作ることはありません。

理論で縛られたら負け

音楽理論やコード理論、作曲理論など色々ありますね。でもクリエイターである以上、理論に縛られてはいけません。我々が作曲をする上で学ばなければならないのは物真似をする技術です。

猿真似でもいいです。理論なんかよりよっぽど勉強になりますよ。

理論は頭のお堅い人がその曲のどこがどうでどうなっているのかを何かと紐づけて語り、説得力を上げたいが為に用いる都合の良い代物です。理論なんて言ってしまえば後付けですからね。

理論を馬鹿にしてはならない

それでも音楽理論を馬鹿にしてはいけません。使い方を誤らなければ実に便利なものであり、武器にもなります。最初から「意味がない」と勉強しない人より、必要になったから利用するようになったというスタンスが大切です。

真向から否定するのだけは違うと思うのです。

作曲の勉強法は耳コピ

作曲の勉強の一環として理論を学べば突破口になったりテンプレートのようなものが自分の中で出来上がります。それでも・・・と思います。後にも先にも役に立つのは耳コピです。

作曲はパズルみたいなものです。人間が聴いて心地良いという調整音楽において、全く新しい音楽なんてもう存在しないのではないかと思っています。古い時代から研究され尽くし、今の時代はコピーした楽曲を切ったり貼ったり一部を変更するなどで別の方向からアプローチしたものばかりです。

無数にあるピースを集めるのが作曲の勉強になります。その為にはたくさんの曲を耳コピしてピースを集めるのです。このピースをどの順番で当てはめるかは個人のセンスであり、求められる能力ではないかと思います。

これは理論で学べることではありません。

おわりに

たまに作曲の勉強=音楽理論だと思っている人が居ますが、自分は耳コピこそが最高の勉強法だと思っています。初心者がまず躓く原因として取っつきにくい音楽理論を学ぶところです。そして挫折する原因としては学んだところで作曲なんか出来ないじゃないかと気づくことでしょう。

難しいけれど、コツを掴んでしまえばとても楽しい作曲・・・ぜひ趣味にして下さい。