s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

dtm初心者の練習は後にも先にも1つだけ!作曲の練習方法はコレだ!

皆さんはどんな方法で作曲の練習をされてますか?私が思うに、初心者上級者問わず使える練習方法として一つだけ挙げるとすれば「耳コピ」があると思います。これは作曲を始めて間もないころ「面倒だな」と思っていたのでもしかしたら初心者さんの方で敬遠している方も居るかも知れません。

今そんな方へ一つだけ言えることがあるとすれば「上級者になってもやることは変わらない」ということです。

耳コピに始まり耳コピに終わる

耳コピこそ作曲をする上での全てです。なぜ耳コピをする必要があるのか?例えば「この音楽良いな」と思ったとき、どうやって再現しますか?どこかにハウツーでも書いていると真似すればよいですが、音楽に限ってそんなことはありません。シンセサイザーであれば大体の作り方は乗っていますが、音楽は偶然の産物が組み合わさって世に出されているものもあります。

そして偶然できた手法をわざわざ明かしてくれるほどお人好しな方もいらっしゃいません。この偶然できた手法だって誰かと誰かのパターンを合わせて作ったものであったりします。既存の概念に少し手を加えてオリジナルとしているものが現代の音楽シーンにおいて溢れかえっているのです。

完全オリジナルは存在しない

作曲ってそもそもなんでしょう。自分はパズルのピースをかき集めることだと思っています。このパズルのピースを集めるのに耳コピが必要なのです。集めたピースを適切に配置して曲を完成させます。ここは当人のセンスであり、編曲の段階で個性が出ます。

初心者の方は無から有を作り出すと大層なことを考えがちですが、したたかに耳コピしてサクっと曲を仕上げ自分のものとする人の方が将来性があります。ここで「ズルい」と思ってはいけません。そういうものなのです。あるいはもう少し、音楽に対する向き合い方を変え、音楽全般の知識や常識も頭に入れるべきでしょう。

音楽はコピーするのが当たり前

基本的に耳コピの世界です。歌を歌う時なんかはほぼ耳コピではありませんか?わざわざ楽譜を買って練習しますか?自分は何度も聴いて覚えるだけです。作曲においても同じです。何度もパートごとに聴いてDAWでの音の鳴らし方を覚えるのです。鳴らし方さえ、歌い方さえ覚えてしまえばなんてことはなく、次に曲を書くとき、歌う時に活かされることでしょう。

歌で耳コピするのに作曲では耳コピしないのはもったいないです。「自分の作品」としての意識が強すぎる傾向があるのかも知れません。肩に力が入っているのではないでしょうか。もっと音楽に対して柔軟でなければクリエイティブな発想は生まれませんよ。

おわりに

最初は「コピー」という単語にとても抵抗がありますし、そもそも面倒くさいと感じるかも知れません。でもこれが出来るか出来ないかでその後の活動は変わります。どうしても無から有を生み出すのだという方は音楽問わず創作系の活動は向いていないのかも知れません。

世の中には「お約束」が存在します。このお約束をきっちり守り、少しのアイディアと閃きを持って世の中に打診していくのです。

作曲で食べて行こうとしなければ趣味の世界なのですからもっと気楽にやっていいと思いますよ。