s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

友達にイライラするのは待って!原因は○○!イライラをコントロールして上手く付き合おう

友達にイライラしてますか?自分はしょっちゅうイライラしています。嘘です。たまに「イラッ」と来るくらいですが、いちいち言うのもばからしいですし、指摘することによって仲が悪くなっても嫌なので我慢することが多いです。なぜイライラするのか?その理由を考えたことはありますか?

友達のことが好きだから

結論が出ました。

友達のことが好きであればあるほど、些細なことでイライラします。どうしてそうなの?という感情に駆られるのです。それだけ感情を向き出せる相手でもあるということですね。

無関心であればそこまで腹を立てないはずです。怒るのも体力が必要ですから。無関心を他人とすれば、自分は他人に対して怒れるほど元気ではありません。たまに誰に対しても不機嫌な人が居ますが、尊敬すら覚えます。腹が立っても関わりあうのですから、よっぽど人間が好きなのでしょうね。

イライラしたら距離を置く

これしかありません。ただ距離を置いたままにすると、相手によっては縁が切れてしまいますので注意が必要です。自分から距離を置いた以上、終わったらきっちりと距離を戻すというところまで責任を持ってやりましょう。

その日はイライラしても朝起きたら「なんであんなにイライラしたんだろう?」と冷静になれるはずです。相手を想う気持ちが強いほど、どうにも許せなかったり逆に許せたりと、ここら辺の判断は状況にもよるのでしょうけれど、自分の場合は大体が後者です。ケロッとイライラしていたことも「まあいいや」と流せてしまうのです。

その後はそのイライラした原因をきっちり分析して、会話の中の笑い話として引き合いにだして茶化したり決して嫌になる言い方で指摘せず「こういうところあるから気をつけろよな!」くらいでそれとなく伝えたりします。

話し合えば原因がわかるもの

なんとなく伝えると自分でも考えに至らなかった理由があったりします。どうしてそうしてしまっていたのかお互いに正直に話し合える間柄であれば苦労はないですね。

ではそういう間柄になるにはどうすれば良いのでしょうか?

イライラしたことは隠しても原因は隠さない

イライラしてしまった事実は隠しても、自分がイライラするに至った原因の部分は別の機会にそれとなく聞いておきましょう。「なぜあの時そうしたのか?」を聞き、やっぱりイライラしてしまうかも知れませんが。笑

とにかく隠さないというのが大切です。「実はあの時ムカついたんだよね」とでも付け加えると次回からは相手が気にしてくれるかも知れません。喧嘩になるかも知れません。友好度に依存したり、自分の立ち位置もあるでしょうけれど包み隠さない姿勢というのは大切です。素直に謙虚に聞いて理解してみようというのは大事なことです。

おわりに

人と付き合って仲良くなれば絶対に行き違いや考え方の違いからイライラしてしまいますよね。そこで如何にうまく付き合っていくかが人付き合いの難しさであります。好意を持っていればいるほど、避けて通れない問題なのです。

イライラことは悪いことではありません。自分もイライラさせることはありますし、仕方ないのです。そのイライラをそのまま放置せず上手くコントロールしていくことが円滑に人付き合いを回すコツです。