s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

作曲が出来ても初心者はdawでつまづく

初心者のころ、誰もがDAWの扱い方に悪戦苦闘するのではないでしょうか。自分の場合は音楽理論から学び、作曲を覚えていきました。

作曲自体は適当にピアノを弾いていれば出来たのですが、どうにもDAW上で再現できないという事態に陥りました。

DAWにはDAWのやり方がある

録音して重ね録りして「はい完成」であれば苦労はないのですが、きっちり作りたいと思ったらDAWへ落とし込みをしてMIX作業なんかしたいものですね。

昔はそれでよかったのでしょうけれど、今の時代は楽曲製作においてDAWを使用するのが当たり前になりましたね。

ギターの打ち込みなんかは圧倒的に録音した方が楽なのですが、ドラムなんかはもう音源が完成されていて、手間を考えると打ち込みの方がいいのではないか?という気がします。となればドラムをDAWで扱うことを覚えなければなりません。

実際の持っていない、弾いたことも吹いたこともない楽器を扱えるのもDAWの強みですね。

初心者のうちからDAWと友達になろう

もう本当にDAWが扱えなくて、音符を打ち込めるノーテーションソフトなんか買ってしまいました。どうにもピアノロールの概念に馴染めなかったのです。

ずっと逃げて少しずつ扱っているうち、徐々に覚えていくまでが人の倍は掛かったと自負しています。

因みにDAWに慣れて音源の扱いを覚えたあともやることは尽きず、MIXの方法やそれらソフトの使い方もあります。

作曲って本当に日曜大工です。お金も時間も無駄に掛かります。なんですかこのクソゲーは・・・?

おわりに

初心者におすすめのDAWは「FL Studio」をおすすめしておきます。別に回し者でもなんでもなく、ただただオススメですのでURLも貼らずに名前だけ出しますね。

FL StudioがなかったらDAWは諦めていたかもしれません。