s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

人生に楽しみがないという方へ

これから先、長い人生に何か楽しみがあるのかな?と考えることはありますか?自分はあります。なんだか重いテーマですね。楽しいことよりも辛いことの方が多いと感じるのは辛いことが印象に残り易いからで、実際は十分に楽しいことがあっても「満足していない」という理由から記憶が薄くなるのです。起きたことは起きたことで、これからの起きる出来事を楽しみにしつつ、人生を歩んでいけたら良いなと常日頃思っています。

人生の楽しみはなんですか?

自分の場合は「出会ったことのない人たちに出会うこと」です。心の底から友達を欲していたりするので、この欲求はいつになっても消えないような気もします。仲の良い友達が安定的に居れば解決するような気もします。

友達が居れば予定を立てたり遊びに出かけたり、それはそれは楽しい日常を遅れますし、今後の人生にも刺激が溢れることでしょう。そう思いませんか?既に友達がたくさんいる方には共感されないかも知れませんね。

あとは出来ないことが出来るようになる。これも人生の楽しみだと思います。例えば貯金して買えなかったものが買えたり、今後の練習量によって将来出来ないことが出来るようになったり。とってもありきたりでわざわざ書くようなことでもない内容です。こういう一つ一つを自分は楽しいと思えるので、どちらかといえば楽天的な方ではあります。

人生がつまらないと感じる時

大きな劣等感を抱くときですね。死にたいとは思いませんが、やり直したいと出来もしないことに強い執着を見せそうになることがあります。どうあがいても取り返しの出来ないことは増えるものです。取り返しのつかない事態へ陥らないよう、普段から気を付けて行動していくしかありません。

「人生に楽しみがない」という方は恐らく今日明日ではなく、遠い未来を見据えて「楽しくない」と仰っているはずです。この先望み薄であると確信していることだと思います。逆に目先のことを考えてみては如何でしょうか。これから数時間後、例えば自分はご飯を食べる時に幸せを感じますし、待っている時間が楽しいと感じます。

こういう一つ一つ小さくて何でもないようなことに楽しみを見出せると少しだけ気持ちが楽になりますよ。

おわりに

この手の話題はどうにも説教臭くなってしまいますので気を付けて書きましたが、どうにも取り留めのない内容となってしまいますね。

人生が楽しくて楽しくて仕方ないという人は居ないのではないかと思います。楽しんでそうに見える人でも実は闇を抱えて生きて居たり、それなりに苦労したからこその今があるのだと思えるのです。

人生を楽しめているという人は小さな幸せを見つけることが上手な人だと思います。自分もそういう人になりたいと思いますし、楽しさをお裾分け出来る人間になれたら素敵だなと、この記事を書いて改めて思いました。