s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

真面目に出会いを求めるならインターネットがお勧めな理由!恋人や友達を探す!

今と昔は違い、何でもインターネットで行える時代になりました。少し前まで「インターネットのお友達」と区切っていたわけですが、今はどうですか?自分の場合はもう区切ることすらやめて普通に「友達」と呼んでいます。

いわゆる共通の趣味があったりオフ会などをしていたらもうそれはリアルの友達と変わらないですし、下手したらリアルの友達より話してる時間は長いのです。特にゲームしている時などは家族以上に喋りますからね。

リアルの出会いだけを求める人

「出会い厨」と呼ばれ蔑まれる人たちです。それだけを執拗に求める人は嫌われます。私もグループコミュニティを運営いることから、出会いを求めて彷徨いつく人をたまに見かけます。

対応は完全に塩です。冷たくあしらう他ありません。今居るグループメンバーを守らなければなりませんし、出会いを求めるならうちではなくて良いはずなのです。

真面目に出会いを求めている人

何日も何ヶ月も過ごしてこの人がどういう人なのか?というのが分かればリアルで出会うことに何のためらいもありません。インターネットはインターネットと割り切ってる人も居るでしょうし、会ってみたいという人も普通に居ると思います。

真面目に出会いを求めたい場合はまずインターネットでめちゃくちゃ仲良くなることです。出会いがないという人たちはリアルに拘り過ぎです。

リアルの友達よりも仲が良くなる

インターネットで出会った人たちとはリアルに居る友達より遥かに過ごす時間が長いです。しかもリアルの友達には知られたくないこともインターネットの友達は知っていたりします。怖いですね?でもそれだけ打ち解けているという証拠でしょう。お互いの顔は知っていても会うことはないのかも知れないという認識が境界線をあやふやにさせるのかも知れませんね。

恋人だって出来る

クローズドコミュニティではない限り、もしかしたら出会えるかも知れません。手堅く真面目に恋人を作りたい場合は社交性が必要です。社交性なんてものはコミュニティへ属していることで知らず知らずのうちに身に付いているものですが、一人で探していると難しいものです。

ちなみに恋人を独りで探し求めると虚しい思いをすることになります。

虚しい思いからどんどんと拗れ、ガツガツしたり独自の考え方をするようになれば危険です。手に負えない状態となります。

おわりに

周りとの均衡を保つ意味も込めて何かしらのグループでまずは友達を作り、友達を作った上で恋人になってくれたら素敵だなという人を探してみるというのも悪くはありません。長い人生ですからゆっくりまったり気長に一つ一つをこなしてみましょう。