s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

歌の練習でカラオケに行ってはいけない理由

皆さんは歌の練習をどこでされていますか?家で練習できる方も居たり、スタジオを借りたり、ボイトレへ通っていたり様々だと思います。

歌の練習で一番ありがちなのは「カラオケでの歌練習」ですね。ヒトカラも今では珍しくなくなりました。歌練習はもっぱらカラオケ屋さんで行っているという方も居るのではないでしょうか?

カラオケはカラオケをするところ

何を言っているんだ?と思われるかも知れませんが、カラオケボックスはカラオケをするところです。歌の練習をするところではありません。これはお店的にとか倫理的にではなく、精神的な意味で、です。

カラオケはどうしても歌を歌う場所という認識が強くて練習する場所という認識に切り替えられません。最初こそ真面目に打ち込んでも途中からちょっと疲れたから何か歌おうになってしまってそのまま普通にカラオケをしてしまったなんてよくあることです。

こういうことになるくらいなら最初からカラオケはカラオケをする場所として行った方がマシです。

練習には向かない部屋が多い

「カラオケは上手に歌える場所」というのを聞いたことありませんか?なぜそのように言われるのかと言えば「部屋が響くから」です。では部屋が響くと何が良いのかと言えば「声がごまかせるから」です。

お風呂で歌の練習は意味ないというのは同じ理由からです。粗が見えにくい聞き取りにくい以上、練習に適した空間とは言えません。

歌の練習で何を想像するかはわかりませんが、本当に地味なもので延々と発声です。この発声を録音して繰り返し聴き、どこが悪いか?良いか?を評価したあと修正したりするわけです。これで響いていたりモワモワっとしていたりすれば聞き取りにくい訳です。

もっと言えば、口からマイクに入る音というのは響いてないはずなのです。マイクに入って機械的に反響音をシミュレートさせてスピーカーから出力されるわけです。つまり響かない空間で発声して良い声にならなければ響かない空間で歌って上手くなれるはずがありません。

カラオケボックスはお手軽な練習場所

家で練習して苦情が来たり、高いスタジオを借りる必要もありません。カラオケボックスは一人で練習したい方にとって打ってつけの場所です。

因みにスタジオを借りたことがある人は分かると思いますが、ものすごくデッドな空間ですよね。デッドとは響かないという意味です。最初スタジオ練習に訪れた際はびっくりしました。あまりにも響かず、ついつい声を出し過ぎて枯らした経験があります。そんな空間で響くよう声を出す練習というのはとても捗ります。一見の価値ありですよ。

カラオケボックスはお手軽だからこそ練習場所にして欲しくない理由として純粋に歌を楽しむ場であって欲しいのです。家での練習やスタジオでの練習は難しいからこそ集中して頑張れますし、ボイトレに通えば本気になれます。ただカラオケに行く時くらい何もかも忘れてお手軽に歌える場所という認識であってほしいと個人的に思います。

おわりに

自分は家に防音室があり、そこで練習を行っています。歌えばほどよく響く空間で、きちんと声を出さなければ響きません。

だからかも知れませんが、カラオケボックスの響きが気持ち悪くて違和感を覚えます。部屋全体が接待してくれているような響き方なのです。あまりに響きすぎるとぼそぼそ歌ってしまいがちです。これにマイクを通して歌えというのですから拷問です。こんな場所が歌の練習に向いているとはとても思えないのでした。

ヒトカラが一般的になってからカラオケで練習というワードが生まれて「それはちょっと注意が必要だな」と思ってこの記事を書かせて頂きました。