s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

ボーカルに高音は必要か?必要なのは音域!

高音が必ずしも必要であるとは思えません。自分の声にあった音域で歌うのが一番なのですが、初心者さんであればあるほど受け入れてもらえないというか、いまいち理解されないようです。

高音と音域の違い

難しい話はしたくないのですが、まず高音を何と定義するかで全然違います。声質が高いから高音が出てると思う人も居ますから手に負えないのです。専門用語を使えば「HiC」以上が高音域と呼びます。

音域が必要というのはオクターブの話で、オクターブの狭い広いをきっちり理解した上で話して欲しいなと思う場面がチラホラあります。

因みに歌で必要なのは1.5オクターブと言われています。この音域が出せるのであれば大抵の曲は歌えます。そして歌の高い低いはキー調整で合わせるのが普通です。

高音高音と叫ぶ人たちは音楽の知識が乏しく、この変がひじょ~~に曖昧なのです。

音域を鍛えるには???

音域を手っ取り早く広げるには真面目にボイトレをすることです。というのは建前で歌っていれば広がるものです。必要なのは楽曲にキーを合わせること、ただそれだけです。

音域を広げる為だけではなく、歌の上達にもキー調整は必要です。歌にとって一番大切な部分をすっ飛ばして高音だけを求める人がいますが、それは大きな遠回りになります。

こういう風に考えると歌の上達に必要なのは正しい知識でしょうか。

高音は縛りでしかない

高音よりも中音域や低音域を鍛えた方がよっぽど建設的です。自分も伸び悩んだ時期を経験していますが、実際に出るようになってくればもっともっと足りない部分がわんさかと出てきて苦労します。結局は歌い方も何もかも変えざるを得ないことになります。

歌を構成するのは音域だけではなく、リズムも重要です。というより、リズムが取れていれば音程を外しても案外聞こえる歌になったりします。でなければフェイクなど意図的に外すテクは活きてこないはずですから。とはいえ、かなり精通していないとフェイクは出来ないでしょうね。こちらは歌ではなく音楽の知識が必要です。

最初からリズムを取りやすい歌い方をしたり、出し易い声を求めて練習していた方が後々の為になります。

おわりに

音域の広い狭いもまた議論の対象になったりするのですが、それはまた別の話。人によっては5オクターブ出せるなんて恐ろしいことを口走る人も居ますからね。きっとホイッスルボイスか何かで歌ってらっしゃるのでしょう。

皆さんもあれこれ言う前に正しい知識を身に付け、きちんと理解した上で用語を使いましょう。聞く人が聞けば、見る人が見ればとんでもなく頓珍漢なことを言ってる可能性があります。