s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

作詞のやり方をざっくり説明する

作曲は出来ても作詞が苦手だという方がいらっしゃいます。今回は作詞をする上で、最低限覚えておきたい基本的なことを書いてみようと思いますのでご参考になさってください。

テーマになる単語をたくさん集める

これが作詞の基本となります。テーマなんて言葉を出すと難しそうに聞こえますが難しく考える必要はありません。

まず単語帳を開いて気に入った単語を集めてみて下さい。集めた単語を自分なりにグループ分けするのです。グループ分けした後にそのグループへ名前を付けてみて下さい。この段階で、なんとなくでも「テーマのようなもの」が見えてくるはずです。単語の雰囲気からジャンル分けと捉えてもいいかも知れませんね。

単語を集めたら繋げていく

集めた単語をそれぞれ接着させていきます。この作業が一番難しいのではないでしょうか。それでも目立たせたい単語や意味を持たせたい重要な単語はサビなどにもっていく程度で構いません。曲が出来ているのであれば難しく考えず、そのメロディに合うようなフレーズを入れて、多少はみ出したとしても何とかなるのでガンガン書いていくことを意識しましょう。

よくありがちなのはいちいち躓くことです。集めた単語を使って最後まで作り上げてしまいましょう。ちぐはぐでも意味がわからなくても、曲に合わせてしまったら案外なんとでも聞こえてくるものなのです。

その解釈は聴く人に委ねるというのも面白いですよ。

ポエム帳を作っておく

普段から何を心得るといえば好きな言葉を書き溜めておくことです。詩が浮かんだ段階でメモを忘れなければそこそこ溜まります。溜まった段階でパズルのように組み合わせていけばもう歌詞が出来てしまっていることもあります。

ドラマを見たり、映画を観たり、自分が気に入った言葉や心に響いた言葉は丸パクリで構いません。著作権など不安であれば文字の並びを変えたりしてもオリジナリティが出て面白いかも知れません。

おわりに

初心者のうちはあまり難しく考えずとにかく完成させてしまうことに重点を置いて下さい。文法を気にしたりセオリーに縛られたりと難しく考えすぎです。1に完成2に完成です。作曲と同じでとにかく作り上げることを第一に考えるべきです。

没を増やすつもりでとにかく書いてみましょう。