s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

初心者がブログのテーマだとかカテゴリだとかを決めないほうがいい理由

皆さんは自分のブログでテーマを決めてきっちりとカテゴリ分けしながらブログを書いていますか?自分は何も考えずに雑記ブログを書いています。

なぜか?その方が考えることが少なく、シンプルで楽だからです。見る人にとってきれいなカテゴリ分けはありがたいですが、殆どが検索流入です。初心者のブログ内を徘徊されることは稀でしょう。

そしてテーマを絞ると書く内容がギューッと狭まります。最悪、書く内容もなくなります。

初心者のうちは楽を優先する

何を優先すべきかは一つで「続けること」を最優先に物事を考えていきましょう。様々な情報サイトを参考にすると色々書いてあって非常に戸惑います。自分もそうだったのですが、結局役に立ったことってなにか?といえば一つもありませんでした。

自分で「こうしたらいいのではないか?」と考えてやったことが「なぜだろう?」と確認した時に「あぁ、やっぱりそうだったのか」という答え合わせ程度に見るのが正解です。

初心者ブログに感じるやらされ感

やらされ感を覚えたら終わりです。あれもこれもやれという感じで取り入れてはみたものの、本当に効果があるかどうかわからない。もしかしたら自分だけ違うのかも?そういうマイナスな考えに数ヶ月耐えることが出来るのであればやってみる価値はありますが、普通の人は飽きてやめてしまいます。

正解なんて実はあってないようなものです。あくまで通例を書いているサイトが殆どですから。それを正解と信じさせてやらせてしまうことが何よりも初心者育成の邪魔になっています。

テーマを絞るとアクセスは上がる?

確かにテーマを絞るとアクセスは集中します。ただ、自分の場合において「数うちゃ当たる方式」でガンガン書いています。どの記事が一番伸びたか?伸びてるか?と振り返った時に意図しない記事ばかりが伸びています。気合いを入れて6時間以上費やし書いた記事などはもう検索すらされないのだろうなと思っています。

初心者のうちはテーマなど絞らず書いた方が楽しいですし、ガチャ的な楽しさはあります。さらにカテゴリ分けもざっくりでいいです。大まかに区切るだけは最低限必要だと思いますが、子カテゴリまで設定する必要は必ずしもありません。「ブログ」「ゲーム」「音楽」くらいざっくざくな親カテゴリでよいと思っています。

テーマは後から決まってくる

ブログを運営していると自分の得意なテーマがわかってきます。つまらないことを書いても執筆は進みません。自然と指が動く記事というのは決まってきます。それがわかってきたらテーマを絞るのが正解で、そのテーマに沿って書いていくうちに似たような記事が増えていくでしょう。その場合にカテゴリを分けて区別すればよいのです。これが本来の正しい使い方だと思っています。

おわりに

自分の場合、アクセスを稼ぐことは度外視して「とりあえず続けること」を目標にブログを書いています。

もしかしたらこれが根本的な考え方と異なっている可能性があります。それでも「続けたもの勝ち」と思っていますし、最終的にアクセスもくっついて来るのではないか?と感じています。事実、アクセスはじわじわと伸びてきております。それこそ初心者の頃には想像もつかなかった勢いで伸び続けています。

続けたもの勝ち理論を証明するために日々精進したいと思う次第です。今の自分にはこれしか出来ないですからね。