s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

音痴なのはなぜ?それは声の出し方を知らないだけです。

皆さんは歌を歌う時に声の出し方をイメージしたことはありますか?なんとなく「歌いにくいな?」と思ってもそのまま声を出してはいないでしょうか?それではダメなんです。上手く歌える時というのは上手く声が出せている証拠で、上手く声を出すために歌を歌っているのではないでしょうか?逆転の発想です。上手く歌うのではなく上手く声を出すことで歌は上手になるのです。

声を上手く出すためにはどうするの?

まず歌う時にロングトーンが出来ているかどうかがチェックポイントとなります。高い声が出る低い声が出る以前にロングトーンを安定して出せていますか?個人的な印象として、真っすぐに歌える人が少ないなと感じています。

一つの音を安定してず~~~っと出し続けられるという人は「おなかで歌っている状態」です。逆に長く声を出し続けられず、歌を歌っても一つ一つが区切られ止まってしまうという人はお腹が上手に使えていません。このお腹が歌では重要で、歯切れの良いスタッカートな曲や速い曲を歌う場合には上手く聞こえる要因になるかも知れませんが、それでもお腹で息が切れる人には到底叶いません。

コツとして寝ながら歌うことです。嫌でも腹式呼吸となり、慣れていない場合は苦しかったり辛かったりするかもしれませんが、慣れると驚くほど楽に声が出ます。

声が楽に出るということはそれだけで武器になります。

大きな声を出さないこと

歌を歌おうとすると大きな声を出そうなんて力を入れる方がいらっしゃいますが、基本的に歌で大声は使いません。歌っていて疲れる人は大きな声を出そうと身体を緊張させているからです。どれだけ体力があっても使い切るほどに身体を振り絞っていてはバテてしまいます。

更に長く声を出し続けることにおいて大きな声を出そうとすれば短くなります。息を使い続けるわけですから、強く吐けば吐くほど無くなってしまうのは当然で、弱く弱く吐けば吐くほど長く続きます。これで横隔膜が鍛えられるのですが、意識したことはありましたか?

どの音域でも母音の「い」が綺麗に出る

さて、声が楽に出ている一番のポイントとして「い」の発音の良さです。喉が締まっていると絶対に綺麗な「い」は発音出来ません。楽に声が出る=喉が締まっていないということなのですが、喉がしまっていないチェックポイントとして母音の「い」があります。

声を出す練習をするとき、特に気を付けたのがこの母音の「い」なのですが、調子よく出る時は絶好調で、逆に上手く出ない時はどう歌ってもダメなのでその日は練習をしません。そのまま歌えなことはないのですが、大抵はロクな結果になりませんからね。

おわりに

結論から言えば「寝ながら弱い息で母音の『い』を意識しながら出来るだけ長く声を出す練習」を行えばよいということになります。発声で詰まっている人はここから見直してみてはいかがですか?早い人であれば一ヶ月でワンステップ上へ進めると思います。自分も明確に壁を突破したのがこの練習方法でした。

音痴は発声で必ず治ります。声が出し易くなれば物真似もし易いですから、歌の上手い人の歌い方が真似出来るようになります。思った声が出せるというのは大きなアドバンテージですよ。