s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

dawが初心者の人はまずテンプレートを作ろう!

音楽作っていますか?daw初心者の頃ってとにかくやることも覚えることも多いですよね。自分が初心者だった頃にDAWで初めに取り組んだことは自分だけのテンプレートを作ったことです。そうです、音楽よりも先にテンプレートを作りました。笑

テンプレートを作るメリット

まず前提としてテンプレートを作れるDAW限定のお話になってしまいますが、主要のDAWでテンプレートが作れないなんて早々ないでしょう。

まずテンプレートを作るメリットとして直ぐにアイディアを形に出来るということがあげられます。というよりこれが最大のメリットでしょう。

DAWを起ち上げて音源を選んであれやこれやとやっているうちに思い付いたことが全部吹き飛ぶなんて若いうちは考えられないかも知れませんが、歳を重ねればよくあることです。

テンプレートがあればすぐに作曲が出来る

改めて型枠があり、その型枠に当てはめていくだけですから音楽制作が楽になります。たくさん楽曲を作る様になればジャンル毎にテンプレートを用意してさらなる高速化が図れます。

また、各エフェクターやプラグインなどを予め挿して置いたテンプレートを作ると打ち込むだけで最初から完成に近い状態をイメージしながら作曲することも可能です。

テンプレートを作るとモチベーションが上がる

色々な楽器を予めインサートしておけば、適当に鳴らしているだけでどんどんイメージが沸きます。DAW初心者だった頃はここであの楽器を・・・ここではこの楽器を・・・といちいち読み込む作業があり、なんだか億劫だなと感じてしまった時がありました。

テンプレート化してしまえばその煩わしさが消えます。これが無くなるだけでも作曲するまでのハードルがぐんと下がるのではないでしょうか。特に最初の頃は作っては消し、作っては消しが多いと思います。なかなか形にならず、同じことを繰り返すことが非常に多い・・・テンプレートさえあれば気軽に作曲に取り組める環境が揃うのです。

おわりに

作曲する人は当たり前のようにしているテンプレート化。皆さんも取り入れてみて下さい。テンプレートを作るという工程もまた構想が膨らみ、とても楽しいですよ。ジャンルによってテンプレートの構成を考えるだけで一日が終わることもあります。そういう音楽への関わり方も勉強になりますし、とても楽しいですよ。