s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

dtm初心者に音源をおすすめするならXpand!2を全力で推したい

初心者のうちはDAW付属の音源で作曲をして、本格的になってくるとサードパーティー製の音源に手を出し、最終的には専用音源を使って・・・となるのが一般的だと思っていませんか?もしかしたら初心者のうちから高級音源を手にして作曲をしている人も居るかもしれませんね。でもちょっとお待ちください・・・音源だけ良くして、良い曲が書けていますか?

Xpand!2とは?

www.airmusictech.com

元々はProToolsというDAWに標準でついていたマルチ音源で、その特徴として挙げられるのは「大抵の楽器が揃っている」ことです。

無料音源をたくさん集めて揃えるのも良いですが、サクっとお金を出してこういったマルチ音源を買ってしまえば手間を惜しむことができ、クオリティも一定水準へ持っていくことが出来ます。

初心者の頃は特にやることが多いです。自分はその中でも音源集めはかなり重労働に感じました。最初の頃は音源で悩み、全く作曲が出来ない状況が続いたのです。それを解決してくれたのがXpand!2でした。

デモはXpand!2で十分!最高のマルチ音源!

自分がDTMで作曲を始めた時、最初に手を出したDAWと言えばGrageBandでした。とにかく手軽に作曲が行えて、最初から音源も揃っております。

ところがいざDTM環境で作曲をしようとなれば音源がありません。DAW付属の音源はありますが、あまりにもお粗末・・・おまけに楽器の数も少なくてモチベーションが上がりません。

結局はDTM環境をそろえるも、音源選びが落ち着くまでGrageBandで遊んでいただけでした。

Xpand!2以外にもマルチ音源はあります。確かにクオリティが高いものも音が良いものもあり、音の良さに拘るなら専用音源一択でしょう。でも気づいたのです。専用音源は馴染ませるのが難しい上に、操作を覚えるのも大変・・・作曲どころじゃないぞと。DAWを覚えるのにも大変なのに、それぞれの音源の使い方まで覚えている暇はない。とにかく数をこなしたい・・・音源クオリティはそこそこでいいからたくさん楽器が入ってるものが欲しい・・・

この願いを叶えてくれたのがXpand!2でした。先ほど書いた通り、他にもマルチ音源はあります。安さ、買った後の手軽さ、クオリティ・・・全ての条件に一致するのはXpand!2だけだったのです。

Xpand!2があれば作曲は100倍楽しくなる

Xpand!2でテンプレートを作り最初から色々な楽器を用意したもので遊んでいます。ただ鳴らして遊んでいるだけで楽しく、マルチ音源なのでどの音色と合わせても馴染みが良い。楽しくてたまりません。

何よりシンプルです。あるのはDAWとXpand!2一本。とてもすっきりしたDTM環境で取り組むことが出来ます。その他の音源を入れたり、専用音源を入れるようになるともうごちゃごちゃで何が何やら混乱してしまいますし、あれもこれもと音源が多過ぎて音源選びに時間がかかる始末・・・多過ぎる選択肢はよくありません。

自分はXpand!2一本で曲を仕上げ、専用音源へ差し替えるという使い方を好んでいます。出来上がった後、一気に変化する楽しみも得られますからね。

おわりに

初心者の頃はとにかく何も考えず作曲することを望んでいました。調べて出てくるものと言えばギターはこれ、ベースはこれ、ドラムはこれと専用音源ばかりでマルチ音源が一切なかったのです。自分はそれを鵜呑みにして専用音源だけ一人前に揃えました。でも・・・なにか足りない・・・圧倒的に何かが足りない・・・GrageBandと見比べ、見劣りしているものは何か・・・?楽器の数だ!そう気づいたのです。

Xpand!2を手に入れてからGrageBandを使うこともなくなりました。完全にDTM環境へ移行が完了しました。今でも現役で活躍中です。多過ぎる選択肢は手を止め、作曲を辞めてしまう足かせにさえなりえます。音源で悩んでいる方、Xpand!2を使ってみませんか?