s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

音痴を克服するために試したい3つのこと!

歌の練習頑張っていますか?自主的に歌の練習をしている人で「音痴」と呼ばれる人は少ないのではないでしょうか?音痴と言われたら悲しいですよね。大抵は音痴と言われる人たちは練習を全くしていないだけで、練習次第でいくらでも上達します。それが歌です。楽しいですね。

音痴を克服する為に録音してみる

自分の歌を録音して聴いてみて下さい。自分の声は嫌いだとかなんだとか言って敬遠している人は居ませんか?嫌でもなんでいいからとにかく録音して聴くのです。すべてはここから始まると言っても過言ではありません。

周りの人はその嫌だという声を聴いていますし、嫌だと思うなら改善したいとも思えるはずです。いきなり思い描く良い声にはなれずとも多少は改善されたマシな声になることを目指しましょう。

大丈夫です、すぐに自分の声に耳が慣れて何とも思わなくなりますから。

音痴を克服するために音楽をしっかり聴いてみる

ちゃんと音楽を聴いてますか?普通は流し聴きが殆どだと思います。音楽をしっかり聴くというのは何となく初めて身に付くような甘っちょろいものではありません。集中して聴くと中々に疲れるものですよ。クラシックを聴くと頭が良くなるなんて有名な話ですね。それだけしっかり聴くという行為は脳を使うのです。

音痴でいる理由として音楽をしっかり聴けておらず、頭の中にある断片的な情報を声にしてアウトプットしているというのがあげられます。しっかり覚え込み、リズムを合わせてさえいれば音程が外れても何とか聴けるレベルにはなるのです。各楽器のタイミングや音をきちんと覚え込んでさえいれば頭で思い起こすこともなく、バシバシとリズムに合わせられます。

合わせられないというのであれば聞き込みが足りていません。

音痴を克服するためにキーを合わせてみる

はじめは高い声が出ないだとか低い声が出しにくいだとかあると思います。それが当たり前です。音痴を克服しようと練習を始めた段階からキーを合わせるようにしましょう。自分の得意な音域で歌えば飛躍的に歌は上達しますし、歌い易いので変な癖がつくこともなくリラックスして歌うことができます。そうすれば高い声も自然に出るようになりますし、徐々にキーを上げて行けばよいのです。

これには音楽で大切な相対音感が身に付くという恩恵まであります。キーを変えず原キーのみに拘っている人はいつまで経っても相対音感が身に付きません。聞いたままを聞いたまま歌うことしか出来ず、選曲が限られるのです。音楽を楽しむ一歩としてキーを変更して歌うという技術を身に付けましょう。

おわりに

音痴は必ず克服できます。仮に音痴と言われたことがトラウマで歌えない人。逆に見返すチャンスです。悔しさをバネに3か月も真面目にやれば音痴とは何だったのか?というレベルまで上達するでしょう。1年も経てば人並みです。続ければ続けるほど上達していきます。始めるなら早い方が良いです。音痴と落ち込んでいる暇はありません。