s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

コミュニケーションを改善するには人と会話するしかない!

コミュニケーションに自信がない方は結構いらっしゃると思います。かくいう自分も人とのコミュニケーションがどうにも苦手で・・・度々衝突してしまいます。掴みや入りはいいのですが、仲良くなるとすぐに角を立ててしまうのです。どうにかなりませんかね?笑

さて、コミュニケーションでお悩みの方が少しでも改善するにはどうするべきでしょうか?

人と会話することでコミュニケーション能力は養われる

はい、もう結論です。人と関わらなければまずコミュニケーションになりませんのでまず当たり前のように絡んで下さいね。この段階で躓いている人の為に別の記事を書こうと思います。が、今回は一歩進んでコミュニケーションの改善です。人と関われるけどどうにも苦手なあなたのためです。

改善の為に喧嘩を恐れない

よく衝突する自分がいうのもなんですが、喧嘩や口論を恐れていてはコミュニケーション能力は養われないのではないか?と思っています。コミュニケーションが上手くいかないからこそ改善したいと悩んで居たり、コミュニケーションが上手くいかないということは誰かと折り合いが合わないことがあったのではないでしょうか?

そのたびに逃げてばかりいては意味がありませんし、場合によってはどんどんひねくれた考え方になって自分自身に甘える結果にもなり兼ねません。

多少は誰かとぶつかっていかなければうまくいくコミュニケーションはないと思ってもらっても構わないのです。仲良くしたいと思うのであれば家族や恋人並みにその人のことをしっかり考えてあげてください。そうすれば家族や恋人を超えた友人関係となったり、つまらないことでストレスを貯めたりイライラしたり卑屈になったりする必要もないのです。

コミュニケーションの線引きを学ぶ

コミュニケーションの線引きは難しいですね。あの人はこんな感じ、この人はこんな感じ・・・そうやって線を引く人も居ますが、本当にそれで大丈夫ですか?疲れてしまいませんか?でもそれが正しいのです。でも潰れないように気を付けて下さいね。

この線引きの仕方を学ぶのが改善する心得のようなものだと思っています。そもそも線引きという言い方がもう受け身で好きではないのですが、線の引き方はやっぱり必要で、誰でもない人から大切な人まで、相手のスペースを守ってあげるという意味でも使うべきです。

線引きを考えだすと、まるで自分のことだけしか考えてないようですが、反面、相手にとって良い効果をもたらします。近づきすぎず、離れすぎず・・・この距離感がコミュニケーションを形成する上で何よりも大切で、改善する為には学んで行かなければならないのです。

学ぶためには線引きの仕方を実際に試してみて、時にはトラブルになったりして・・・もっとうまいやり方はないのか?と思うのですが、そうやって解決して少しずつ改善していくしかないと思います。

おわりに

コミュニケーションって悩みますよね。人付き合いが多い人ほど悩み、成長しています。つまり、そういうことなのです。実に雑な言い方が、真理だと思っています。とにかく当たって砕けろという精神で頑張りましょう。