s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

人の良いところを見つけるのをやめた

皆さんは人の良いところを見つけるのは得意ですか?人の良いところを見つけられる人はとても素敵だと思います。自分も積極的に見つけにいったりしていました。でも本当に見つけに行くだけでいいのか?ひょんな会話から考え込んでしまったのです。

人の良いところ見つけるのをやめた

会話相手がそんなことを言いました。付き合いは長く、友人のような関係を築いた一回り上の方との会話でした。

「良い人だよ、なんて紹介されても自分にはわからない知らない」と仰ったのです。「若いころは人の良いところ見つけたりもしたが今はもう疲れるからやめた」

「それってどうなんだろう?」と感じた自分は黙ってしまい、考え込んでしまいました。そして少しだけ真剣に考えました。どうしてそう思ってしまったのか?

結論から言えば「良い人」というのは自分基準で自分にとって「良い人」を探していたのだと思います。それは何とも閉鎖的な考え方だなとガッカリしてしまいました。同時に人に求めすぎなのではないか?と感じました。

良いところというのも「好み」であったり「自分と似ている」などの部分でしか見つけられないのではないか?

それでこのことをはっきり伝え「それはあるかも知れない」と相手は認めましたが、イマイチ納得いっていないようでした。

人の良いところを見つけられる人は素敵

自分は「良いところを見つけらる人は素敵だ」といいました。

その方は日ごろから「仲良くしてくれる人が欲しい」と言っていたのです。まるで相反する考えや行動をしていると指摘しました。逆に見つけることが出来ないというのは自らコミュニケーションを放棄しているとも。

そして、これらのことを指摘してなんだか虚しくなったのです。

「人の良いところを見つけるのは素敵。だから自分も積極的に見つけに行く」

それってどうしようもなく受け身な姿勢ではないか?と。自分にもガッカリしました。

人の良いところを見つけるのはやめる

考え方を改めました。これでは同じ穴の狢ではありませんか。

「人の良いところは自ら聞き、そして引き出すこと」です。

受け身が決して悪いというわけではありません。それでも「積極的に」というのはとても違和感があったのです。

もっと自発的に動かなければいけないのではないか?

もしかしてその人が良いところを見せてくれるまで待つつもりなのか?

他人に期待しているのは自分の方なのではないか?

一気に頭の中で自問自答が繰り返され、急にしょんぼりとしてしまいました。喋っていた自分がどんどん勢いを失くし、遂には意気消沈してしまったのでこの話はここで終わっています。

おわりに

だから自分は人の良いところを見つけるのをやめ、自ら聞き、そして引き出すことにしました。これはコミュニケーションにもなりますし、もっと鋭い観察眼を身に付ける訓練ともなります。自分にとって相乗効果が得られ、更に一歩進めるのではないかと確信しています。

人の良いところを見つけるのも素敵ですが、良いところを引き出せる人はもっと素敵です。