s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

正しいを主張する会話は最終的に他者の否定へ行きつく

何を言ってもわかってもらえない、理解してもらえない人・・・いますよね。こちら側の言い分は意に介さず、自分が正しいと思い込んでいる人との会話は疲れてしまいます。どれだけ説得しても最終的には「それはお前の考え方、俺はこうだ」という結論へ行きつき、なんとも虚しい気持ちになってしまいます。実に生産性のない時間を過ごしたなとガッカリしてしまうのです。

行き過ぎた主張は暴力と同義

行き過ぎた主張は言葉を使った暴力そのものだと感じます。まず善悪の定義ですが、こちらとしては正しい悪いで片付ける話題ではないにも関わらず、どうしてかいつも持論を繰り広げられ始め、最終的には誰かに納得してもらうまで話し続けるのです。本人的には「言えば理解してくれるもの」として一生懸命に話します。そこまでは良いでしょう。「熱い人だな」と初対面の人には受け取られ、同意見の人には好意的に思われるかも知れません。

ただ皆が皆納得しないとあからさまに不機嫌になり、もう面倒になったかのように「お前はお前、俺は俺」と話を急にストップさせます。こちらの意見は一切聞いてもらえないのです。プライドの高い年配の方に多いイメージですね。なんともまぁ頑固です。

他人を否定してまで言いたいことは何か?

要するに自分の意見だけ言っていたいので、他の人の意見はどうでもいいのです。否定されたように感じるのはこちらが意見を言おうとしたからで、こちらの意見なんか必要ないので言わなければ良いと考えます。

が・・・「これについてどう思う?」と訊かれたらどうしたらよいのでしょうか?

おずおずと意見を述べ、簡潔に説明すると「なるほどな」という一応の納得をしたうえで必ず「でも・・・」が入ります。この「でも」を言われるのが本当に苦手で、しんどいなと感じます。どうしても否定された気持ちになってしまうのです。

自分も過去は他人の意見を聞かず「でもさ~」と折り返すのが会話だと勝手に思っていました。それって否定なんですよね。自分も言われた経験があります。「あなたには何を言ってもダメなんだね」と。だからこそでしょうか・・・過去の自分と同じ匂いがする人にはとても敏感になります。

おわりに

最後に解決策ですが、周りの人間も含めて「あ~はいはい」という感じで聞いていればうまく回ります。ズバっといってしまいますが、単一思考型で知的レベルの低い人間に対して我々がいくら頭を下げて具申しても仕方がありません。

周りの人間とだけ楽しく会話し、やがて距離を置くことが相手にとっても成長の場となるはずです。相手が理解しようとしない以上、理解しないと不味いのではないか?という状況へ放り込んでしまえばいいのです。記事中で「年配の方に多い」と述べましたが昔ながらの「同調圧力」を利用してこちらはこちら、そちらはそちらというように区別をはっきりつけてあげてください。

「このままではまずい・・・」と感じさせた時、こちらの主張が通るはずです。