s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

限界は去り時。逃げではなく方向転換。

周りの環境から逃げ出したいと思うとき、思ったときはありませんか?人間関係で上手く行かなかったり、今の状況を打開したいなどそれぞれ理由があるかと思います。「逃げ出したい」と感じればネガティブな感情になります。なんとなく逃げちゃダメだ、逃げは悪いことだ、自分が弱いのが原因だと余計に思い詰めたりしてしまうこともあるのではないでしょうか?でも、逃げることは恥ずかしいことではありませんよ。

口ばかりで逃げ出す勇気もない

周りに「自分はそろそろ新しい環境を求めて今の環境から卒業する」と言い方は様々ですが要は「あなたたちの前から消えます」という宣言をされる人がいますね。「あ、もう自分たちの前から去りたいんだな」と感じてそっとしておくのですが、なかなか居なくならず、たいていはいつまでも居座ります。

いなくなりたいならさっさと去って頂いて構わないのですが、どうにも構って欲しいのか「いかないで!」と言って欲しいのか心配して欲しいのか・・・反応を伺う感じが手に取るように伝わります。

こういう人は逃げだと思って構いません。色々なところから逃げて逃げて、自分の居場所をひたすら求め歩く運命です。

限界を感じたら去ればいい

かくいう自分も何度か「もう無理」と感じて何も言わずに去ったことがあります。本気で居なくなりたいと思ったのなら痕跡など何一つ残さず、ある日突然、急に消えます。

わざわざ追いかけられ「逃げるのか?」と言われたことがあります。逃げではなく「方向転換したい」と答えました。自分の中でものすごく納得がいって、それ以来、限界を感じてそうな人に口添えするときは「それは逃げじゃないよ方向転換だよ」と伝えるようにしています。

限界を感じても居座る人の気持ちがわかりません。ただただ心配して欲しいだけなら周りにとっても迷惑です。そんなに限界の許容量が多いならもっと頑張れよと思ってしまうからです。

何事もポジティブな方向で考える

ネガティブな思考は自分にも相手にもいい影響を与えません。逃げではなく方向転換と考えるのであれば思考もついでに方向転換していきましょう。方向転換した先でまた同じことを繰り返していては仕方がありませんからね。

今まで切迫した状況で頑張っていたのであれば視界も狭く思考も否定的でどちらかといえばネガティブに侵されてしまっている可能性があります。方向転換と同時に思考を変えてみましょう。

おわりに

自分も過去に逃げ出したことが2度あります。逃げ出すたびに強くなりましたし、より良い方向へ進むよう努力しました。考えてみればあれは方向転換であって、決して同じことを繰り返す為に逃げ出していたわけではなかったのです。

思い返せばなんてことのない日々も、当時の自分には苦しかった・・・だからこそ去るという選択をし、今があります。後悔しない為にも、衝動的に去る前にもう一度思いなおし、次はどうするか?今じゃやっぱりどうにもならないか?じっくり頭を冷やして考えてみるといいかも知れません。