s13y

独身27歳の中卒ニートが人生に危機感を覚えながら書くブログ

陰口は悪口になるから絶対にダメ?陰口がマナーとは???

まず初めに書いておきますが、陰口は嫌いです。裏で言うくらいなら相手に直接伝えてあげて下さい。でも実は陰口もマナーみたいな側面があると知っていましたか?自分も教えられて「あ、そうかも知れない」と思ってしまいました。そうかも知れないと思ってしまったのです。

陰口がマナー?とんでもない

「とんでもない」と自分は思います。どれだけ取り繕って、オブラートに包んだとして、それは悪口です。しかも当人の居ないところで・・・恥ずかしいとは思いませんか?

だけど納得してしまう側面もあるんですよね・・・

例えば上司が部下の陰口を言っていたとき、あなたは否定できますか?自分は・・・ちょっと難しいかも知れません。もちろん状況によりけりです。聞き苦しいなと思えば上司であれ進言します。慎むということはしません。ただこれが仲の確立した間柄であればよいでしょう。

まだ出会って日も浅い場合、一度や二度は「マナー」として扱っても仕方ないのではないか?と考えるのです。いきなり否定して掛かれば次に陰口を言われるのはこちらです。とんでもないですよね。その後の関係を円滑にするために我々は「陰口はマナー」と大義名分の盾を装備するのです。ある意味で同調圧力のようなものですね・・・世渡り上手の処世術。

それでも陰口は悪口

こればかりはどう言われても仕方ありません。ひたすらにフォローし続けるのも嫌味な感じで、どうにもならないときは「そうですよね~」と思わず同意してしまうものです。その時点で陰口でしょう。人間とは本当に悲しい生き物ですね。

極力、陰口は言わないよう、そして本人の為を想うのなら、こちらが嫌われ役を買ってでも自分は一言物申します。それで関係が終わってしまう間柄であればそれまでです。ここを億劫になったり憶病になったりしていては本当の信頼関係など築けやしません。

とにもかくにも上手く立ち回ることです。むやみにフォローしたり否定したりせず、やんわり同調し、あとでこっそりと当人へ事実を伝える。陰口に対抗する策はこれだけです。下手を踏めば自分が危うい立場になります。なので上手く立ち回りましょう。人間関係って本当にウンザリするほど面倒ですね。

おわりに

最初から相手が憎くて仕方ない!という人はあまり居ないと思います。何かあっての陰口です。きっと事情があってそのように考え、発言していることをしっかりと汲み取りながら柔軟に対応しましょう。

決して陰口はマナーだ!と笠にかぶらないでくださいね。使いどころを間違ってはいけない言葉だと思います。なんとも危険な香りの漂うこの言葉・・・皆さんはどう思いますか?